grape [グレイプ]

筒井道隆は厳しい父・風間健からの二者択一で俳優に 『白い巨塔』など多数の作品に出演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

筒井道隆

筒井道隆(つついみちたか)さんは、映画やドラマなどで活躍する俳優です。

1990年代には、トレンディ俳優として数々のドラマに出演し、アイドル的な人気を博しました。

現在も俳優としてさまざまな作品に出演し、活躍しています。

ここでは、筒井道隆さんのこれまでの出演作品や、元キックボクサーの父のこと、ハマっている趣味についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

筒井道隆は『あすなろ白書』でブレイク 最近は『白い巨塔』に出演

筒井道隆さんは、1990年に映画『バタ足金魚』に出演し、俳優デビュー。同作品で『第14回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞しました。

1993年には、柴門ふみ(さいもんふみ)さん原作の月9ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)に出演しています。

『あすなろ白書』は、男3人、女2人の友人グループ『あすなろ会』のメンバー5人の恋愛模様を描いた作品。俳優の石田ひかりさん演じる女子大生・なるみと、筒井道隆さん演じるアルバイトをしながら大学に通う苦学生・保の恋愛模様を主軸に物語が展開していきます。

『あすなろ会』のメンバーは、筒井道隆さん、石田ひかりさんのほか、俳優の木村拓哉さんや鈴木杏樹(すずきあんじゅ)さん、西島秀俊(にしじまひでとし)さんなど、とても豪華な顔ぶれでした。

筒井道隆さんは、その後、1994年に月9ドラマ『君といた夏』(フジテレビ系)に出演するなど、トレンディ俳優として活躍し、アイドル的な人気を博します。

それまではトレンディ俳優としてのイメージが強かった筒井道隆さん。1995年放送の三谷幸喜(みたにこうき)さん脚本のドラマ『王様のレストラン』(フジテレビ系)ではコミカルな演技を見せるなど、幅を広げました。

最近では、2019年にテレビ朝日開局60周年を記念して5夜連続で放送された、山崎豊子(やまざきとよこ)さん原作のドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)に出演。

同作品で筒井道隆さんは、アイドルグループ『V6』の岡田准一(おかだじゅんいち)さん演じる主人公・財前五郎と浪速大学医学部第一外科の教授の座をかけて争う重要な役柄を演じています。

筒井道隆は映画『パラレルワールド・ラブストーリー』にも出演

筒井道隆さんは、2019年5月公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』に出演しています。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』予告編

『パラレルワールド・ストーリー』は、東野圭吾(ひがしのけいご)さんの小説を実写化したもの。東野圭吾さんの作品としては珍しいラブストーリーです。

監督は、映画『宇宙兄弟』や『聖の青春』を手がけた森義隆(もりよしたか)さんが務めました。

アイドルグループ『Kis-My-Ft2』の玉森裕太(たまもりゆうた)さん演じる主人公の崇史と、俳優の吉岡里帆(よしおかりほ)さん演じる麻由子が恋人として幸せな日々を送る世界と、俳優の染谷将太(そめたにしょうた)さん演じる崇史の親友・智彦と麻由子が交際している世界。

主人公の崇史は、この2つの世界を行き来し、翻弄されていきます。

同作品で筒井道隆さんは、崇史が所属する研究所の教官役として出演。ある発言により崇史に大きな影響を与えるという、重要な役柄を演じています。

筒井道隆の父は元キックボクサーの風間健

筒井道隆さんの父は、元キックボクサーで俳優としても活動していた風間健(かざまけん)さんです。

筒井道隆さんが俳優の道を志したのは、父の風間健さんから、俳優になるか自衛隊に入るかどちらか選ぶよう、二者択一を迫られたことがきっかけでした。

風間健さんが俳優として活動していたこともあり、芸能事務所の関係者から「俳優にならないか」と誘われていたそうです。

そのこともあって、俳優として事務所に所属することを決断。

それから間もなく映画『バタアシ金魚』のオーディションに見事合格し、主役に抜擢され、映画俳優デビューを果たします。

その後は、月9ドラマで主演を務めるなど、次々と映画やドラマで主要な役を演じ、人気を博しました。

風間健さんの教えは、「すべてに命がけ」というもの。この父の教えもあってか、何事にも全力で取り組んできた筒井道隆さん。

デビュー後、とんとん拍子で成功したのも、ルックスの良さに加えて、物事に全力で取り組む姿勢も大きかったのではないでしょうか。

筒井道隆は現在、ロードレースにハマっている!

筒井道隆さんは、自転車乗りとしても有名です。ロードレースに参加するなど趣味の域を超え、本格的に取り組んでいます。

子供の頃から自転車はずっと身近なものだったようで、総合自転車情報サイト『Cyclist』のインタビューで、小学生の時の思い出をこのように語っていました。

「東京の家から名古屋の祖父母の家まで1日半かけて行ったりしていました。小学生で箱根越え、です。だから、ロングが身体に染み付いていて、今も100km以上走らないと、走った気がしません。子供のころの体験は大きいですね」

Cyclist ーより引用

子供の頃からずっと自転車に乗り続けている筒井道隆さん。ロードバイクに乗り始めたのは、知人に勧められたことがきっかけだったそうです。

そこから山や丘などの上り坂のコースで行うロードレースであるヒルクライムレースにも出場するようになりました。

過酷なレースにも次々とチャレンジし、好成績を得ています。何事にも全力で取り組む姿が魅力的ですね。

筒井道隆のファンクラブは? ブログやインスタはやってる?

筒井道隆さんは、ファンクラブや公式ブログ、インスタグラム、ツイッターなどで情報発信は行っていません。

最新の活動については、所属事務所の公式サイトで公開されています。

筒井道隆の現在・これから

筒井道隆さんは、現在もさまざまなドラマ、映画、舞台に出演し、活躍中です。

最近では、2019年10月から上演される朗読劇『ラヴ・レターズ』黒柳徹子スペシャルへの出演が決定しています。

『ラヴ・レターズ』は、1990年から上演されている歴史ある朗読劇。男優と女優が、手にした台本を読み上げ、物語が展開していきます。

筒井道隆さんのほか、高橋克典(たかはしかつのり)さん、吉川晃司(きっかわこうじ)さんが黒柳徹子さんの相手役を日替わりで務めるようです。

俳優としての活躍だけでなく、ロードレースでもプロ顔負けな結果を出している筒井道隆さん。これからの活躍にも期待したいですね!

筒井道隆 プロフィール

生年月日:1971年3月31日
出身地:東京都
血液型:A型
身長:180cm
所属事務所:舞プロモーション

1990年、映画『バタアシ金魚』で俳優デビューし、『第14回日本アカデミー賞』新人俳優賞を獲得。月9ドラマ『あすなろ白書』、『君といた夏』に出演したほか、主要な出演作品にドラマ『王様のレストラン』(フジテレビ系)、『総理と呼ばないで』(フジテレビ系)、大河ドラマ『新撰組!』(NHK)など多数。最近では、ドラマ『リテイク時をかける想い』(フジテレビ系)で主演。また、映画『洗骨』、『パラレルワールド・ラブストーリー』などに出演している。


[文・構成/grape編集部]

出典
shiroikyotou_ex『パラレルワールド・ラブストーリー』予告編90秒 5月31日(金)全国ロードショー舞プロモーションCyclist

Share Tweet LINE コメント

page
top