grape [グレイプ]

「誹謗中傷をした人に見てほしい」の声 木村花の死で、ドラマのセリフに反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年5月23日、22歳という若さで亡くなった女子プロレスラーの木村花さん。

死因は調査中ということですが、木村さんは以前からSNSで誹謗中傷を受けており、また亡くなる前にInstagramのストーリーズ機能で「さようなら」というメッセージを投稿していました。

ネットモラルを問う声も多く上がっており、ネット上では2019年放送のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)での『セリフ』に再び注目が集まっています。

「アンチや誹謗中傷をした人に見てほしい」の声

注目が集まっているのは、菅田将暉さん演じる教師・柊一颯のセリフ。

物語の鍵を握る、生徒・景山澪奈の自殺の原因の1つにSNS上での誹謗中傷があったとし、柊はネット上にいる不特定多数の人たちに向かい、こう語ったのでした。

おまえら、景山の何を知ってたんだよ。なんにも知らねえだろ。会ったこともねえだろ、話したこともねえだろ。

大して知りもしねえのに、なんであんなに叩けるんだよ。

「ウザイ」「キモイ」「死ね」。よくもそんなゲスなワードがポンポン出てくるもんだ、恥ずかしい。

それだよそれ。そのおまえの自覚のない悪意が、景山澪奈を殺したんだよ。

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― ーより引用

さらに柊のセリフは続きます。

おまえらネットの、何千何万という悪にまみれたナイフで何度も何度も刺されて、景山澪奈の心は殺されたんだよ。

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― ーより引用

ドラマという創作の世界ではあるものの、木村さんもまたSNS上で誹謗中傷を受けていた1人。

また、SNSの誹謗中傷や『ネットいじめ』は、いまや社会問題と化しており、誰もが被害者にも加害者にもなりえることです。

放送当時も反響を呼んだ菅田さん演じる柊のセリフは、木村さんの死により再び注目を集め、さまざまなコメントが寄せられました。

・今回の件で、関係なくてもアンチや誹謗中傷をした人に見てほしい。みんなアンチコメントはやめよう。今回の件で死ねとか送った人は、人殺しだよ。どうやっても償えないよ。後悔しても、遅いよ。

・言葉は一番の凶器。

・自分も含めて言葉の重さをよく理解しないといけない。

たった数文字の言葉であっても、表に出した時点で、それは立派な『凶器』です。また、時には人の命を奪いかねないほどの、負の力も持ち合わせていることを誰もが認識するべきでしょう。

そして、木村さんをはじめ、ネット上の誹謗中傷に傷付く人が1人でも減ることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

Share Tweet LINE コメント

page
top