grape [グレイプ]

水前寺清子の現在は? 『三百六十五歩のマーチ』や『ありがとうの歌』など多くの楽曲を歌う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

水前寺清子

歌手として芸能界デビューし、タレントや俳優としても活動している水前寺清子(すいぜんじきよこ)さん。明るいキャラクターで人気の人物です。

ここでは水前寺清子さんの出演作品や家族についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

水前寺清子は若い頃から数多くの歌を歌い続けている

水前寺清子さんは、1945年生まれ。

1964年に『涙を抱いた渡り鳥』をリリースして、デビューしました。翌年には『ゴールデンアロー賞新人賞』を受賞します。

また同年から、歌謡番組『NHK紅白歌合戦』(NHK)に22回連続出場を果たしました。

1967年にリリースした『いっぽんどっこの唄』は、100万枚を超える大ヒットを記録。デビューから数年で全国区の知名度に。

1968年の『NHK紅白歌合戦』では、司会に抜擢されます。

1971年にリリースした『大勝負』も、100万枚を突破しました。

1979年には『第15回あすをきずく青少年のつどい全国大会』のステージで『オアシスのマーチ』を歌い、当時の天皇皇后両陛下に歌唱力を披露しています。

それ以降、俳優の活動も増えていき、1994年にはデビューから30周年の記念アルバムを発売。

年号が平成に入っても楽曲をリリース。2018年10月には『熊本城/人生これから』をリリースしました。

熊本城/人生これから

熊本城/人生これから

水前寺清子
1,038円(09/15 14:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

水前寺清子さんはデビューから数多くの楽曲を歌い続けています。

水前寺清子の大ヒット曲は『三百六十五歩のマーチ』

水前寺清子さんのヒット曲は多数あり、代表的なのは『三百六十五歩のマーチ』でしょう。1968年にリリースされました。

同曲は、1969年の春に開催された『第41回選抜高校野球』の入場曲です。

また、『日本レコード大賞』大衆賞を受賞。販売枚数も100万枚を突破しました。

『三百六十五歩のマーチ』はバージョンを変えて、2017年にもリリースされます。オーケストラバージョンやアーティストとのコラボバージョンが4曲収録されています。

三百六十五歩のマーチ 2017

三百六十五歩のマーチ 2017

750円(09/15 14:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

水前寺清子は『ありがとうの歌』などドラマ主題歌も多く歌う

水前寺清子さんは、2019年1月9日に『ありがとうの歌〜水前寺清子TV主題歌コレクション〜』をリリースしました。

ありがとうの歌 ~水前寺清子TV主題歌コレクション~

ありがとうの歌 ~水前寺清子TV主題歌コレクション~

2,100円(09/15 14:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

収録曲は全部で20曲。そのすべてがドラマの主題歌や挿入曲に起用されたものです。

水前寺清子さんは俳優としても活躍していて、1970年から放送された出演ドラマ『ありがとう』(TBS系)は、シリーズ最高視聴率56.3%を記録しました。

『ありがとうの歌〜水前寺清子TV主題歌コレクション〜』には、『ありがとう』の主題歌も収録。アルバムを聴いた人は、当時のドラマを思い出した人もいるでしょう。

水前寺清子 病気を克服し、現在も精力的に活動

いつも元気ハツラツとしている、水前寺清子さん。そのイメージ通り、デビューしてから大きな病気やケガをすることはほとんどなかったと、『日刊ゲンダイヘルスケア』のインタビューで明かしています。

ただ、腰痛は前からあったようで、背中を丸めてリラックした状態から背筋を伸ばす時などに痛みを覚えることがあったといいます。

腰痛があってもステージでは着流しを着るため、腰が固定されて痛みは感じなかったのだそう。

ところが、2011年にステージの階段で転倒し、左膝靭帯を痛めてから状況が悪化。

痛めた脚をかばうように歩くようになり、立っていると両脚が冷たくなるなどの異変が出てきます。

診断の結果、『腰部脊椎狭窄症(ようぶせきついきょうさくしょう)』と診断。腰の骨の狭窄により、足先の神経へ触れることでしびれが起きる症状です。

医師から手術を勧められると、水前寺清子さんはちゅうちょすることなく即決。68歳で手術を行います。

手術を勧められ「お願いします!」と即決。躊躇することはありませんでした。私の正装は着流しですから、凛としていなきゃいけないし、「助けて~!」なんて言えませんから。痛みは嫌い。スパッと治したい。そう思って、68歳で手術をしました。

日刊ゲンダイヘルスケア ーより引用

退院した翌日からコルセットを巻いて仕事に復帰し、TV番組の司会も難なくこなしました。

水前寺清子の夫は事務所社長

水前寺清子さんは1989年に、音楽家の小松明(こまつあきら)さんと結婚。挙式は、故郷の熊本水前寺公園で行いました。

小松明さんは、事務所社長も務めています。

水前寺清子さんは歌手、小松明さんは音楽家。活躍する舞台が似ていることもあってか、仲のいいおしどり夫婦です。

水前寺清子さんはブログで、たびたび夫婦の2ショットを掲載しています。

2010年7月9日に更新したブログでは、小松明さんの誕生日を祝ったことを報告していました。

2014年にデビューから50年を迎えた水前寺清子さんは、記念コンサートを日比谷公会堂で行いました。

そのコンサートで指揮をしたのは、夫の小松明さん。今後も2人で協力して音楽活動を続けていくのでしょう。

水前寺清子の現在・これから

水前寺清子さんは『サントリー黒酢にんにく』のCMに出演。

また、トーク番組『人生は三百六十五歩のマーチ』(BSフジ)にも出演しています。放送は毎週土曜16時からです。

2019年9月3日からは、コンサート『夢 スター歌謡祭 歌とコメディ』が予定されています。

水前寺清子さんは現在も精力的に活動をしています。年齢を重ねても元気な姿を見せてくれるでしょう!

水前寺清子 プロフィール

生年月日:1945年10月9日
出身地:熊本県熊本市
血液型:O型
身長:158cm
所属事務所:水清企画

1964年に『涙を抱いた渡り鳥』で歌手デビュー。楽曲の大ヒットにより、1965年の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。同番組で司会を務めた経験もある。歌手だけでなく、俳優としても能力を発揮し、人気作に出演。ドラマ『ありがとう』は民放史上最高の視聴率56.3%を記録する。また、情報番組の司会を務めるなど、現在も精力的に仕事をこなしている。


[文・構成/grape編集部]

出典
日刊ゲンダイヘルスケア人生は三百六十五歩のマーチ水前寺清子 オフィシャルウェブサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top