grape [グレイプ]

河井青葉ってどんな人? 映画『続・深夜食堂』に出演!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

河井青葉

俳優として活躍している河井青葉(かわいあおば)さん。高い演技力とすぐれた容姿で、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな河井青葉さんの出演作やブログ、これからの活躍といったさまざまな情報をご紹介します!

河井青葉の出演作は?

河井青葉さんは、15歳でモデルとしてデビューします。2歳から15歳までは多摩川近くに住んでいたそう。

ファッション誌のモデルとして活躍後、20代に入って俳優活動を行うことになります。デビュー作は映画『ともしび』でした。監督は吉田良子さんで、その後『功夫哀歌[カンフーエレジー]』や『惑星のかけら』といった映画でも河井青葉さんを起用しています。

河井青葉のドラマ!

河井青葉さんは、ドラマでも活躍し、『特命係長只野』(テレビ朝日系)や『中学生日記 カイジュウの恋人』(NHK)といった作品に出演。

中でも、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)では、第1話に出演。同作は俳優・坂口健太郎さんが刑事を演じる物語で、河井青葉さんは事件を巡る謎の1人として活躍しました。

また、ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)では、住井葉子役として登場。タレントの錦戸亮さんが科捜研法医として主演を務めるサスペンスドラマです。

河井青葉さんは、誤って老人を車ではねてしまった役を務めます。ところが車には、河井青葉さん演じる住井葉子の上司で政治家の伊集院和明が乗っていました。運転していたのは上司ではないか、という謎が楽しいドラマとなりました。

河井青葉の映画『深夜食堂』や『二重生活』!

河井青葉さんが所属する芸能事務所・ブレスは、映画の製作や企画も手掛けています。映画に理解がある事務所だからこそ、河井青葉さんは映画で光る活躍を見せています。

デビュー作の『ともしび』はもちろん、映画『二重生活』でも俳優・長谷川博己さんの妻役で出演。夫を尾行する不審な女に気づかず幸せな毎日を送る姿が、映画の不気味さを引き立たせました。

近年の当たり役としては、映画『続・深夜食堂』での赤塚範子役が挙げられるでしょう。同作は漫画からドラマ化され、高い人気から映画も2作製作されました。深夜営業する食堂のマスターと来店者たちのドラマが評価されています。

河井青葉さんが演じた赤塚範子は、ストレスがたまると喪服を着るという少し変わった女性。喪服と焼肉定食という変わった組み合わせが織りなすストーリーを、河井青葉さんは違和感なく演じています。

河井青葉さんは高い演技力が評価され、2016年に『第37回ヨコハマ映画祭』助演女優賞に輝きました。

『河井青葉』の出演作品を探す

河井青葉と『似てる?』かもしれない有名人

河井青葉さんと、俳優の森口瑤子さんや陽月華さんが「似ているかも」とうわさになっています。画像で比べてみましょう。

河井青葉と森口瑤子

左から河井青葉 2015年 森口瑤子 2005年

左から河井青葉 2015年 森口瑤子 2005年

河井青葉と陽月華

左から河井青葉 2015年 陽月華 2012年

左から河井青葉 2015年 陽月華 2012年

比べてみると、3人とも目もとや印象が似通っています。美しい人は似てくるのかもしれません。

河井青葉、結婚したり年を重ねた友達と…

河井青葉さんは2010年からブログをつづっています。2014年7月28日には、高校の同級生と集まった話をブログに書きました。河井青葉さんが出演した映画が国際映画祭で賞を取ったお祝いで集まり、映画を見て楽しんだ話題です。

みんな結婚したり、子供が生まれたり、仕事も忙しくて、見た目もちょっとずつおじさんおばさんになってきてるけど、会えば変わらずくだらない話で爆笑出来て、本当嬉しい。
そしてみんな楽しくて優しい。
近頃妙に友達と過ごす時間が身に沁みるのだ。

河井青葉オフィシャルブログ ーより引用

河井青葉は猫が好き!

※写真はイメージ

河井青葉さんは猫愛好家として知られ、自身のブログでも猫との付き合いを次のように書いています。

私が生まれたとき実家にはすでにおちょぼという名の先住猫がいて、それからトッポ、テンテン、プーちゃん、マーちゃん、チャーちゃん、と高校生まで私の生活には6匹の猫がおりました。
その後、家を出るまでに新入りのダッコがやってきて(おちょぼは18歳で寿命で亡くなりました)我が家には常に猫がいる状態。
なので一人暮らしを始めてすぐの頃、知り合いが飼えなくなってしまった猫(キャッチャン)を引き取ることにまったく抵抗がなく。
猫ならば一緒に暮らしていける、と。
でも、実は私猫アレルギーなんです。
耳鼻科の先生的にはせめて寝室に猫を入れるなとのことですが、この時期猫は布団に潜り込んできますでしょ。
あの温かさと柔らかさを感じたらもう追い出すなんて出来ない!
というわけで鼻にティッシュを詰めながら今日もキャッチャンと戯れるのでした。

河井青葉オフィシャルブログ ーより引用

猫アレルギーながら、猫を飼っている河井青葉さん。自身の体調と相談しながら飼っているのでしょう。猫への愛情が分かります。

河井青葉の現在・これから

河井青葉さんは、2019年にドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)に出演しています。同作で河井青葉さんが演じた役は本郷千尋。作中キーパーソンとなる本郷雫(演・伊勢谷友介さん)の母親で、夫の殺人を告発しようとします。

河井青葉さんは、若い頃からたゆまぬ努力を続け、映画やドラマに欠かせない人材となりました。これからも、素晴らしい演技を見せてくれることでしょう。これからの河井青葉さんに期待が集まっています。

河井青葉 プロフィール

生年月日:1981年11月16日
出身地:東京都
血液型:A型
身長:166㎝
所属事務所:ブレス

15歳でモデルデビュー。ファッション誌で活躍し、映画『ともしび』で俳優としてのスタートを切る。主として映画で活躍し、2016年『第37回ヨコハマ映画祭』助演女優賞を受賞。ドラマでは『葉桜と魔笛』で主演を務めたほか、『運命に、似た恋』や『監獄のお姫さま』でレギュラー出演している。

河井青葉 主なドラマ出演作品

  • 『葉桜と魔笛』(NHK)
  • 『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』(東海テレビ)
  • 『特命係長只野』(テレビ朝日系)
  • 『中学生日記』(NHK)
  • 『相棒』(テレビ朝日系)
  • 『結婚同窓会』(フジテレビ系)
  • 『玉川区役所』(テレビ東京系)
  • 『葉桜と魔笛』(NHK)
  • 『監獄のお姫さま』(TBS系)
  • 『運命に、似た恋』(NHK)
  • 『タクのタクシー』(テレビ東京系)
  • 『スパイ特区』(テレビ朝日系)
  • 『コウノドリ』(TBS系)

河井青葉 主な映画出演作品

  • 『あゝ、荒野』
  • 『あたたかい骨』
  • 『いぬやしき』
  • 『おのぼり物語』
  • 『おはようさよなら』
  • 『お盆の弟』
  • 『ガールフレンド』
  • 『きみにしか聞こえない』
  • 『キャラウェイ』
  • 『けものがにげる』
  • 『こどもつかい』
  • 『サムライフ』
  • 『さよなら歌舞伎町』
  • 『セックスエリート』
  • 『たまこちゃんとコックボー』
  • 『だれかの木琴』
  • 『ともしび』
  • 『プラチナデータ』
  • 『ブランコ』
  • 『やわらかい生活』
  • 『愛しのアイリーン』
  • 『永遠に君を愛す』
  • 『共に歩く』
  • 『響 -HIBIKI-』
  • 『功夫哀歌[カンフーエレジー]』
  • 『罪とバス』
  • 『私の男』
  • 『女たちの都』
  • 『新・大久保探偵事務所』
  • 『続 深夜食堂』
  • 『超夜明け』
  • 『直下型の女』
  • 『転生』
  • 『土竜の唄』
  • 『二重生活』
  • 『爆撃機の眼』
  • 『莫逆家族』
  • 『不気味なものの肌に触れる』
  • 『迷い家』
  • 『予感』
  • 『雷桜-RAIOU-』
  • 『惑星のかけら』

『河井青葉』の出演作品を探す


[文・構成/grape編集部]

出典
Breathともしび『二重生活』予告編河井青葉オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top