grape [グレイプ] entertainment

姜暢雄ってどんな人? 『メイちゃんの執事』『トリック』など人気作に多数出演

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

姜暢雄(きょうのぶお)さんは、ドラマ・映画・舞台とあらゆる作品で活躍する俳優です。

人気ドラマ『TRICK(トリック)』(テレビ朝日系)や『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)に出演したことも話題になりました。

ここでは、姜暢雄さんが出演した話題作や、現在の活動など、さまざまな情報をご紹介します。

姜暢雄は『メイちゃんの執事』に根津役で出演

姜暢雄さんは、1998年に開催された『第11回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で、フォトジェニック賞を受賞したことがきっかけで芸能界入り。その後、さまざまな舞台、映画、ドラマに出演し、着実に俳優としての実力をつけてきました。

2009年にはドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)に出演。『メイちゃんの執事』は、漫画家・宮城理子(みやぎりこ)さんの同名漫画が原作です。

物語の舞台は、お嬢様1人につきイケメンで優秀な『執事』が付くスーパーお嬢様学校。

ある日、このお嬢様学校に転入した庶民の女の子が、超イケメンで優秀な執事と共に立派なお嬢様に成長していくシンデレラストーリーです。

姜暢雄さんは『メイちゃんの執事』で、お嬢様の1人である夏目不二子につく執事・根津役に抜擢されました。

執事の根津はあまり執事らしくない、色っぽいキャラクター。執事・根津役は大人の色気を持つ姜暢雄さんにぴったりのはまり役でした。

姜暢雄が『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』に出演

姜暢雄さんは2018年5月19日に公開された映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』に出演したことも話題になりました。

『仮面ライダーアマゾンズ』は、人工生命体アマゾンとそれに関わる人たちの『生』を描いた作品で、『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』では人間たちによってアマゾンを撃滅する作戦が佳境を迎える場面から物語が始まります。

藤田富(ふじたとむ)さん演じる仮面ライダーアマゾンオメガと、谷口賢志(たにぐちまさし)さん演じる仮面ライダーアマゾンアルファの最終決戦も見所でした。

姜暢雄さんは映画版に、御堂英之助役として登場。御堂英之助は仮面ライダーアマゾンネオアルファに変身する人物で、映画版の特別な仮面ライダーがどのように物語に絡むのかも見所でした。

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』予告編

姜暢雄は舞台俳優としても活躍している

ドラマや映画に数多く出演する一方で、舞台俳優としても高い人気を誇る姜暢雄さん。

2005年の舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』を皮切りに、毎年のように舞台作品への抜擢が続きます。

2006年の舞台『紫式部ものがたり』や2007年に上演された蜷川幸雄(にながわゆきお)さん演出の舞台『彩の国シェイクスピア・シリーズ第17弾 恋の骨折り損』にも出演しました。

さらに、2009~2010年にはミュージカル『マイ・フェア・レディ』に出演し、2012年にはミュージカル『ロミオ&ジュリエット』に出演。

2013年には舞台『ラブ・レターズ』、2014年には音楽劇『ルードウィヒ・B~ベートーヴェン歓喜のうた~』にも出演しました。

2015年になると観月ありさ(みづきありさ)さん主演の新歌舞伎座、新開場5周年記念舞台『GS近松商店』にも抜擢されます。

さらに、2016年には舞台『寝盗られ宗介』に、2017年には音楽劇『夜曲』、2018年には舞台『二十日鼠と人間』に出演。今まで出演した作品は数知れません。

2019年にはミュージカル『オリヴァー・ツイスト』で、主要キャストの1人、ブラウンロー役に選ばれました。

『オリヴァー・ツイスト』は英国作家のチャールズ・ディケンズが書いた長編小説をミュージカルにした作品。孤児・オリヴァーが主人公の物語で、姜暢雄さん演じるブラウンローは、救貧院を追い出されたオリヴァーを保護する裕福で優しい紳士です。

舞台を実際に見たファンからも、姜暢雄さんが演じたブラウンローは好評でした。

姜暢雄は『トリック』の第3シリーズに菊池愛介役で出演

姜暢雄さんは、シリーズ化しているドラマ『TRICK(トリック)』(テレビ朝日系)に出演していた過去があります。

姜暢雄さんが出演したのは2003年に放送された、『TRICK』の第3シリーズで、生瀬勝久(なませかつひさ)さん演じる警部補・矢部謙三の部下・菊池愛介役として登場。

第3シリーズは、仲間由紀恵(なかまゆきえ)さん演じる主人公・山田奈緒子と、阿部寛(あべひろし)さん演じる上田次郎が、謎の男・芝川玄奘のインチキを暴くため、蛾眉村に向かうところから第1話がスタートします。

第3シリーズは第10話まで放送され、菊池愛介役の姜暢雄さんは事件が発生するたびに、矢部謙三とともに主人公たちの前に姿を見せていました。

『TRICK』シリーズへの抜擢は、姜暢雄さんがまだ駆け出しの頃だったためか、同ドラマに出演していたことを知らなかった人も多いようです。

・姜暢雄さんは『TRICK』に出てたのか…無知ですみません。

・『TRICK』を観ながら引っ越し準備してるんだけど、『TRICK 3』に姜暢雄さんが出てたの、知らなかった!

姜暢雄の現在・これから

姜暢雄さんは2019年2~4月にかけて上演されたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』に出演し、同年5月の舞台『赤と黒 サムライ・魂』では旗本の武士・是枝慎太郎役を熱演しました。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(2019)スポット映像

同年7月と9月にはミュージカル『オリヴァー・ツイスト』に出演。同年12月には出演舞台『大阪環状線 〜君の歌声が聴きたくて1985〜 天王寺駅編』が上演されます。

俳優として忙しい日々を送っている姜暢雄さん。これからの活躍も期待しています。

姜暢雄 プロフィール

生年月日:1979年3月23日
出身地:兵庫県
血液型:O型
身長:181cm
所属事務所:キューブ

1998年開催の『第11回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞を受賞したことをきっかけに芸能界入り。2002~2003年放送の特撮テレビドラマ『忍風戦隊ハリケンジャー』(テレビ朝日系)や2003年放送のドラマ『TRICK(トリック)』(テレビ朝日系)の第3シリーズに出演し、俳優として認知度が上がる。2018年には映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』で、御堂英之助(仮面ライダーアマゾンネオアルファ)役に抜擢されたことも話題になった。現在もさまざまなドラマ・映画・舞台に出演し続け、人気俳優として活躍中。


[文・構成/grape編集部]

出典
仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 予告編ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(2019)スポット映像https://youtu.be/Zl6eTfCL5Vk

Share Tweet LINE コメント

page
top