grape [グレイプ]

新型コロナウイルスが全世界に蔓延 前代未聞の世相に

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

憎っくき新型コロナウイルス

この欄に寄稿する原稿用紙に向うと、今はどうしても新型コロナウイルスのことが頭をよぎります。中国から飛散したこの感染力の強いウイルスは、確固たる防御の手立ても無く、今は全世界に蔓延し、はや2ヶ月が過ぎようとしています(2020年3月2日 現在)。

各国に感染者は増え続け死亡者が相次ぎ、日本では北海道、東京、愛知と感染者が多く、沖縄まで広がっています。

安倍首相は2月の末、今後2週間のイベントの中止の自粛要請を出しました。プロ野球のオープン戦は無観客試合、コンサートは中止、国立博物館などは休館、学校の卒業式もなく、企業は時差出勤を決め、テレワークに切り替えました。

東京ディズニーランドや東京スカイツリーの展望台も休園、休業です。大相撲大阪場所も無観客場所となり、かつて誰も体験したことのない前代未聞の世相となりました。

そしてナント東京五輪の開催さえ云々うんぬんされているのです。東京都もJOCも開催を明言してはいますが、その目処めどは5月とか… う~ん…。

思えば、インフルエンザや風邪は、気温の低い時季、つまり冬場に流行し、気温が高くなる5月6月には自然に終息します。となれば今、この時季ド~ンと25度ぐらいの夏日になってくれないものか…と 人知れず思う日々なのであります。

新型コロナウイルス戦争には、なんとしても負けたくありません。皆さん、新コロナに負けない免疫力、抵抗力をつけ、マスク、手洗いを励行し、この難関、非常時を必ず乗り切りましょう。

普段の日常生活が1日も早く取り戻せるよう 一日千秋の思いで祈り続けております。

<2020年3月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2019年現在、アナウンサー生活61年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top