grape [グレイプ] entertainment

横浜流星がコロナ感染 対する加藤浩次や近藤春菜のコメントに、共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年7月21日、俳優の横浜流星さんが新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)に感染したことを発表。

所属事務所によると、横浜さんは20日にあった舞台稽古の帰宅中に体調不良を訴え、医療機関を受診したところ、陽性が確認されたそうです。

横浜さんは出演予定のドラマや舞台を控えていたため、濃厚接触者となった多数の共演者たちが検査を受けるなどの対応をしています。

横浜流星の感染報道に、加藤浩次「一切責めちゃいけない」

翌22日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、横浜さんの感染について報道。

番組のMCを務める加藤浩次さんは、横浜さんを含めテレビ業界では、スタッフや出演者の感染判明や検査を受けに行く話をよく耳にするようになったと明かします。

その上で「我々ももう1回意識を締めなおさないといけない」と発言。それに対し、共演者である近藤春菜さんは、次のような考えを述べました。

だんだんこう、日を追うごとに対策も場所場所によって違ったりとかするのもあるんですけど。

基本的には距離を取って、手洗いしてってところを徹底するしかありませんし。

横浜流星さんもたくさんお仕事されている中で、もう本当に流星さん自身も心配なこととか不安あると思うんですけど、今はそういうことは考えずに、治療に集中していただきたいなと思いますね。

スッキリ ーより引用

近藤さんは、影響力の大きさによって、横浜さんが不安を感じている可能性について指摘。「今はそういうことを考えずに、治療に集中してほしい」と、横浜さんを労わりました。

近藤さんの意見にうなずきつつ、加藤さんは、こんな考えを述べました。

感染してしまった人は、僕は何も悪くないと思うんですよ。いろいろ対策していても感染することはあるから。

そこは一切責めちゃいけない。

そのためには、感染した場合、流星くんの場合はおととい舞台稽古に参加して、そのまま病院に行ってるっていうのもあって、いち早く体調が悪い時は、病院に行く、相談するっていうのが、感染拡大を防ぐ一歩でもありますよね。

スッキリ ーより引用

加藤さんは「いろいろ対策しても感染することはあるから、感染者を責めたらいけない」といい、体調に異変を感じた際はすぐさま相談することを力強く訴えました。

【ネットの声】

・その通り!むしろ横浜さんや関係者の対応は迅速で、えらかったと思う。

・きっと横浜さん本人が一番ショックを受けているはず。本人はもちろん、関係者を責めるのも違う。

・加藤さんも春菜さんもありがとう。横浜さんの元に、この考えが届いてほしい。

横浜さんに限らず、誰しもがいつどこでコロナウイルスに感染するか分かりません。感染予防対策をしていたにも関わらず、感染してつらい想いをしている人もいるでしょう。

「もし自分が同じ立場になったら…」と想像したら見えてくることもあります。体調に異変を感じたら、すぐさま対応できるよう、日頃から『自分ごと』としてとらえて行動したいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top