grape [グレイプ] entertainment

吉谷彩子との熱愛が報じられた竹内涼真 しかし、その後?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2014年、特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で主演を務めて以降、映画『帝一の國』やドラマ『陸王』(TBS系)など、数々のヒット作に出演している俳優の竹内涼真(たけうち・りょうま)さん。

さわやかなルックスで特に女性からの支持が高い竹内涼真さんですが、過去には熱愛が報じられ、多くのファンに衝撃を与えたことがあります。

熱愛報道が女性ファンに与えたインパクトは強く、一部では『竹内涼真ロス』なんて言葉も出たほど。

そんな竹内涼真さんが過去に熱愛を報じられた相手は誰なのかをはじめ、さまざまな情報をご紹介します。

竹内涼真が熱愛を報じられた相手は?

連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で共演した有村架純さんや、映画『青空エール』で共演した土屋太鳳(つちや・たお)さんなど、ドラマや映画で女優と共演するたび、交際説がささやかれてきた竹内涼真さん。

ほかにも、『仮面ライダードライブ』で共演した内田理央さんや、ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)で共演した高畑充希さんなど、ウワサに上がった相手は数知れません。

しかし、どれもネット上のウワサの域を超えず、決定的な目撃情報が報じられたわけではありませんでした。

アイドルグループ『恥じらいレスキューJPN』の里々佳

ネット上で共演者との交際がウワサされることはあった竹内涼真さんですが、2017年、ついに『初ロマンス』として熱愛が週刊誌で大々的に報じられます。

竹内涼真さんにとって初となる熱愛報道の相手となったのが、アイドルグループ『恥じらいレスキューJPN』の里々佳さんでした。

週刊誌では、里々佳さんの自宅を訪れる竹内涼真さんの姿や、2人のデート中の様子などを写真付きで報じています。

ドラマ『陸王』や『ひよっこ』など話題作に立て続けに出演し、竹内涼真さんにとって飛躍の年となった2017年。

ブレイク真っただ中での熱愛は大きな話題となり、竹内涼真さんはもちろん、熱愛相手と伝えられた里々佳さんのもとにも、大勢の取材陣が押し掛ける事態となりました。

しかし、熱愛報道に対して双方の事務所は「友人の1人」と否定。

竹内涼真さんもまた、『陸王』の特別試写会に出席した際に「友達です」と改めて熱愛を否定し「ご心配おかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を口にしていました。

吉谷彩子

里々佳さんとの熱愛報道の翌年、2018年には、竹内涼真さんに新たな恋人の存在が、週刊誌『FRIDAY』によって報じられます。

同誌が竹内涼真さんの新たな恋人と伝えたのは、女優の吉谷彩子さん。『ビズリーチ』のCMなどで知られ、竹内涼真さんとはドラマ『陸王』で共演しています。

なお、『FRIDAY』では竹内涼真さんの自宅に通う吉谷彩子さんの様子を伝えており、誌面上では『半同棲愛』とも伝えていました。

しかし、吉谷彩子さんとの熱愛報道後、竹内涼真さんが所属する事務所は「友人の1人」として報道内容を否定。吉谷彩子さんの所属事務所もまた、「友人の1人」とコメントし、熱愛報道を否定しています。

三吉彩花

吉谷彩子さんと交際中と思われていた竹内涼真さんですが、2020年に、女優でモデルの三吉彩花さんとの熱愛が報じられ、世間に衝撃を与えました。

竹内涼真さんと三吉彩花さんの熱愛を報じたのは、吉谷彩子さんの時と同じく、週刊誌『FRIDAY』。

同誌では、三吉彩花さんを含め、ほかに男女数人とドライブを楽しむ竹内涼真さんの様子を伝えています。

さらに、ドライブ後に竹内涼真さん宅を訪れる三吉彩花さんの姿も写真付きで報じており、世間からは困惑の声も上がったほど。

なお、竹内涼真さんと三吉彩花さんとの熱愛に関して、双方の事務所が否定しており「友人の1人です」とこれまで同様のコメントを出しています。

竹内涼真の熱愛にファンの反応は?

これまで3人の女性との熱愛が報じられた竹内涼真さんですが、全員「友人の1人」として否定しています。

そんな竹内涼真さんが理想とする女性は、どんな人なのでしょうか。

竹内涼真さんは、過去に雑誌のインタビューで理想のタイプを「前向きでポジティブな人」「分かりやすい人」と答えています。

一方で、苦手とする女性に関しては、過去に出演したバラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)で「食べるのが遅い人」と答えたことも。

今後、竹内涼真さんが生涯の伴侶に選ぶのは誰なのか…要注目ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ririkaaaaaaaaayako_yoshitanimiyoshi.aaFRIDAYデジタル

Share Tweet LINE コメント

page
top