grape [グレイプ] lifestyle

セブンイレブンのお菓子に驚き チョコ菓子の製造欄を見ると「なるほど、おいしいわけだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

セブンイレブンのお菓子に驚き チョコ菓子の製造欄を見ると「なるほど、おいしいわけだ」

さまざまなお菓子を取りそろえ、有名ブランドとのコラボ商品などもあるセブン-イレブンのプライベートブランド『セブンプレミアム』。

売り切れが出るほど、人気になった商品もあります。

そんなセブン-イレブンのお菓子の中から、ついつい食べたくなってしまうコスパのいいチョコ系お菓子の味や値段、カロリーなどをご紹介します。

セブンイレブンのお菓子を実食 チョコの袋の裏を見ると意外なメーカーが!

今回ご紹介するのは、『ホワイトチョコラングドシャ(以下、ラングドシャ)』と『濃厚な味わいのチョコラスク(以下、チョコラスク)』の2つ。

どちらも個包装されているので、好きな時に好きなだけ味わうことができる商品です。

セブンイレブンのお菓子:ラングドシャ

チョコだけでなく、サックリとした食感も楽しめるラングドシャ。食べ始めると止まらなくなってしまうお菓子の1つでしょう。

袋を開けると、個包装されたラングドシャが9個入っていました。

ひと口かじってみると、サクッと軽い食感のクッキー生地から、ほんのりバターの香りが。袋を見ると、クッキー生地にバターが12%使われているようです。

チョコはそれほど甘いわけではありませんが、溶けてくるとミルキーな味わいが口に広がりました!

優しい甘さなので、次々に食べてしまう人も多いことでしょう。個包装なのに、筆者はすべて食べきってしまいました。

ネットの評価では、このような声が上がっています。

・セブンのラングドシャは、食べ始めると秒でなくなる。

・サイズ感的にもちょうどよくて大好き。

・白い恋人を安く買える感じ。170円で北海道に行った気になれるのがすごい。

枚数はもう少し欲しいところですが、味に関しては高評価している人がとても多い商品のようです。

セブンイレブンのお菓子:チョコラスク

次いでご紹介するのが、こちらのチョコラスク。

どれほど濃厚な味わいなのかが気になるところです。

こちらも個包装になっており、6枚入っています。ラングドシャと比べると、かなりシンプルな包装デザイン。

裏側にチョコはかかっていませんが、ラスクに厚みがあり、なかなか食べ応えがありそうな見た目です。

ひと口目は、わりと強めに塩味を感じますが、チョコが溶けてくると甘みが口の中に広がります。チョコもたくさんかかっているので、チョコの味もしっかりと楽しめるでしょう。

ラスクはザクザクとしており、程よい硬さです。

外箱のイメージ的に少しビターな味わいなのかと思っていましたが、苦みはなく甘いチョコ味でした。

こちらのチョコラスクのネットでの評価はというと…。

・チョコラスクはドハマりした。デパ地下で売っているお菓子のような味わい。

・紅茶と合わせるとめっちゃうまい。

・セブンのチョコラスクうまいんだよね…だまされたと思って買ってみて。

評価の高いラングドシャとチョコラスク。実は大手菓子メーカーの『ブルボン』が製造しているのです。「コスパがいい」と評価が高い理由は、そこにあるのかもしれませんね。

ちなみに、本家ブルボンのチョコラスクより、セブン-イレブンのチョコラスクのほうが「厚みがあって食べ応えがある」という情報もありました。

セブンイレブンのお菓子 ラングドシャとチョコラスクの値段やカロリーは?

ラングドシャは1袋に9個入って、税込み170円。多いといえる量ではありませんが、味のクオリティを考えるとコスパはいいといえるでしょう。

カロリーは1袋で390キロカロリー。チョコとクッキー生地を食べるので、高カロリーも致し方ないといったところでしょうか。

チョコラスクは1袋に6個入って、税込み213円。個包装の数はラングドシャよりも少ないですが、1個が大きいので満足度は高そうです。

ただ、カロリーも高く1箱で498キロカロリー。1回ですべて食べてしまうと、1食分に匹敵するカロリーを摂取してしまいます。

個包装なので、程よいところでストップしたほうがいいでしょう。

プライベートブランドながら、有名ブランドが作っているという安心感があるラングドシャとチョコラスク。

味もコスパも評価が高いので、気になっている人は一度試してみるといいかもしれませんよ。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top