grape [グレイプ]

最高の組み合わせ! 『歌う』のが大好きな保護犬 歌手の家族に一員になる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:birksofbrooklyn

アメリカ・ニューヨークで歌手として活動しているミカエラ・ベネットさん。彼女はある日、1匹の犬の動画を見て大きく心を動かされました。

その犬はクラリネットの演奏に合わせて歌っていたのです。

ミカエラさんがウェブメディア『The Dodo』に語ったところによると、犬は韓国・釜山(ぷさん)で野良犬だったところを優しい女性に保護されたのだそう。

彼女が見た動画は、一時的にその犬の世話をしていた人が撮影したものでした。

ミカエラさんのパートナーもミュージシャンなので、彼女はその犬に音楽を通じたつながりを感じたのだとか。

私がこの犬の里親になれるかもしれない。

こうしてミカエラさんが動いた結果、動物保護団体を通じてその犬は釜山からニューヨークへ来ることになり、晴れて彼女の家族の一員になりました。

歌うのが大好きな犬が歌手の愛犬に!

ミカエラさんは犬を、ジャズミュージシャンのジョン・バークス・ガレスピーからとって『バークス』と命名。

そんなバークスは音楽を聴くと、犬らしからぬ反応を示すのだそう。

首をかしげたりうなずいたりしながら鑑賞し、その音楽が気に入ると歌い始めるのです。

またバークスはミカエラさんが歌の練習をしていると決まって一緒に歌い出すのだとか。

しかも彼女に対抗するかのように、大きな声で歌うのです。

ミカエラさんとバークスが一緒に歌う動画にはたくさんのコメントが寄せられています。

・この犬はパーフェクトな家族を見つけたね!

・美しい声、美しい人、美しい犬、素敵だわ。

・最高のデュエットだ!

常に家に音楽のある暮らしを一緒に楽しんでいるミカエラさんとバークス。

韓国にいたバークスが海を渡ってミカエラさんの家族になったのは、きっと運命だったのでしょうね!


[文・構成/grape編集部]

出典
birksofbrooklyn@dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top