grape [グレイプ]

電車内の携帯マナーが変更に!優先席付近でも携帯電話が使用可能

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:JR東日本

JR東日本を始めとする関東甲信越・東北の鉄道事業者37社・局では、優先席付近での携帯電話使用マナーが変更されます。

関西では2014年からすでに変更されていましたが、関東では2015年10月1日からからの実施となります。

16265_00

出典:JR東日本

これまでは「優先席付近では電源を切る、それ以外の場所ではマナーモードに設定する」と言われてきましたが、今後は「優先席付近では、混雑時には電源をお切りください」に変更になります。

「混雑」の目安としては「体が触れ合う程度」とのことですから、朝と夕方のラッシュ時間帯を以外は、それほどシビアではなさそうです。

通話についてはこれまでと同様、控えるようにしてくださいね。

なぜ変更になったのか

優先席付近で電源を切るようにというマナーが出来たのは1990年代後半ごろ。その頃に利用されていた電波帯は携帯電話の電波が心臓ペースメーカーに影響を及ぼす恐れがあると考えられていたからです。また、医療機器の性能自体も、今よりもずっと低かったのです。

しかし、現行の携帯電話(3G以降)に切り替わったことに伴って、懸念事項はほぼ解消されました。

少し前に「プラチナバンド」という言葉をよく耳にしたことを覚えていらっしゃる方もいるかと思います。まさにこの「プラチナバンド」利用が普及したことで、携帯電話やスマートフォンが利用する電波帯自体が変わったという背景があります。

16265_03

また、総務省が2013年1月以降「ペースメーカーや除細動器以外の埋め込み型医療機器に影響が出ると考えられる距離」の指針を22センチから15センチに緩和したことなどが関係し、今回のルール改正につながったそう。

ただし総務省の発表によると「一部のペースメーカでは3cm以内に携帯電話が近づくと誤作動が起きる」という実験結果が出たため「15cmは離して使うように」という基準は今までと同様に設けられることになりました。

実施路線の一覧はコチラ

すでに車内放送などでお知らせされている路線がある一方、車内放送されていなくても、下記に該当する路線では実施されますので、実施前に一度ご確認ください。

青い森鉄道株式会社
阿武隈急行株式会社
伊豆箱根鉄道株式会社
えちごトキめき鉄道株式会社
江ノ島電鉄株式会社
小田急電鉄株式会社
関東鉄道株式会社
京王電鉄株式会社
京成電鉄株式会社
京浜急行電鉄株式会社
埼玉高速鉄道株式会社
相模鉄道株式会社
しなの鉄道株式会社
芝山鉄道株式会社
首都圏新都市鉄道株式会社
新京成電鉄株式会社
西武鉄道株式会社
仙台空港鉄道株式会社
仙台市交通局
多摩都市モノレール株式会社
秩父鉄道株式会社
千葉都市モノレール株式会社
東京急行電鉄株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東京モノレール株式会社
東京臨海高速鉄道株式会社
東武鉄道株式会社
東葉高速鉄道株式会社
箱根登山鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
北総鉄道株式会社
株式会社ゆりかもめ
横浜高速鉄道株式会社
横浜市交通局
株式会社横浜シーサイドライン
IGR いわて銀河鉄道株式会社

出典
JR東日本 ニュースリリース(PDF)

Share Tweet LINE コメント

page
top