なんだこの絶叫マシーン!?熊本城の避難方法が超ハイレベル

1月26日は『文化財防火デー』

1949年1月26日に法隆寺が火災で焼損したことと、火事が発生しやすい時期であることから生じたこの記念日。この日は護国寺や丸岡城など、全国的に文化財で防災訓練が行われる決まりになっています。

そして、同じく2016年1月26日に防災訓練を行った『熊本城』。大型はしご車や消防車が集まり、約80人のスタッフが訓練に参加しました。

火を消すだけではなく避難訓練もあります。では、お城から避難する場合はどのように逃げればいいのでしょうか…?

お城といえど、普通の避難方法なんですね!はしご車から降りて…。

ん?お城から伸びるこの白い布は一体…。

…って、ええっ!?

布の中から見えるのは、人の足。そして、その下に敷いてあるのはクッション代わりのブルーシート…。

なんと、この白い布は、避難用の滑り台だったのです!

動画で見ると、さらに不安は深まります。ものすごく…なびいている…。

18843_01

出典:YouTube

安全性は確かなはずですが、どうしても見ていて不安になってしまうのはなぜでしょう…(笑)

熊本城の避難方法への反応は…

「どうやって避難道具に乗るんだろう…」

「熊本城で避難する事態になりませんように」

「正直やってみたい」

意外と「やってみたい!」という声も多かった、この高難易度な避難方法。

少しでも気になった方は、来年の『文化財防火デー』に参加してみてはいかがでしょうか。参加することで、火災に遭遇した時の正しい行動を学ぶことができそうですね!

出典
Facebook熊本城 防災訓練 火災訓練 避難訓練@aggieaki@motikokitom

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop