grape [グレイプ]

17年前、命を救った少女からの恩返し…成長した彼女の言葉に、消防士は涙した

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

2015年、アメリカのワシントン州にあるワナッチーで、とある高校の卒業式が行われました。

保護者席に腰掛けているのは、マイク・ニューズさん、61歳。彼が今日ここに来たのは、ひとりの少女のためでした。

19173_01

出典:YouTube

ひとつの火事が、彼と『娘』の出会いだった

17年前、消防士だったマイクさんは1本の通報を受けました。急いで現場に向かうと、家が激しく燃えていたのです。

燃え盛る炎のなか、なんとか家の中から人を救出し終えた消防士たち。しかしここで、重大な事実が発覚します。

「家の中に、まだ赤ちゃんがひとり取り残されている!」

なんと、家の中に生後9ヶ月の赤ちゃんがいると言うのです。

これ以上は自分の命が危ないと言われても、マイクさんは一瞬の躊躇いも見せず、炎の中に飛び込んでいきました。

「現場に着いた時、家は炎にのまれていました。赤ちゃんは、炎に囲まれたベビーベッドの上で横たわっていたのです」

当時のことを思い出して、マイクさんはそうコメントします。

19173_02

出典:YouTube

赤ちゃんを胸に抱いた後、家の裏側から間一髪で脱出することができたマイクさん。この感動的な救出劇に、彼は地域のヒーローとして大歓声を浴びたのだそうです。

数年経ったある日のこと

あの日の火事を忘れられずにいたマイクさん。最後に救出した赤ちゃんがどうなっているのか、気になって仕方がありませんでした。

そんななか、赤ちゃんの名前をFacebookで検索してみると、成長したその子と思われるアカウントを発見したのです!

19173_06

彼は早速ダウニエール・デイビッドソンさんに、メッセージを送ることにしました。

「こんにちは。僕は昔、あなたを火事から助け出した消防士かもしれません」

命の恩人からのメッセージに、彼女は大喜び!これをきっかけに、二人はFacebookを通して交流を持つようになったのです。

そして、火事から17年後…

通っている高校の卒業式が迫ってきたある日のこと。ダウニエールさんは、マイクさんにメッセージを送りました。

「もしよければ、私の卒業式に出席してくれませんか?私の親として、あなたを招待したいの」

ダウニエールさんは、マイクさんを命の恩人であると同時に、第二の父親だと思っていたのです。

そして、卒業式当日。保護者席でマイクさんが見守るなか、彼女の卒業スピーチが始まりました。

19173_03

出典:YouTube

「私にとって、今日この場にマイクさんがいることは、とても大切なことです。もしあの日、マイクさんが私を助けてくれなかったら私の人生は変わっていた…そう思うと、感動して涙が出ます。
私が今日こうしていられるのは、マイクさん…あなたのおかげです」

スピーチを聞いたマイクさんは、感動して涙を流したのだそうです。ダウニエールさんのスピーチについて、彼はこう言いました。

19173_04

出典:YouTube

「本当に嬉しい言葉でした。私は本当に幸せ者です。あまりにも嬉しくて、この感情は言葉では表すことができません」

17年前に助けた赤ちゃんが立派に成長し、自分のことを父だと言って卒業式に呼んでくれた。

それだけでも嬉しいはずなのに、壇上から感謝の言葉を述べてくれたのです。

19173_05

出典:YouTube

その後、二人は笑顔で抱擁を交わしました。二人はこれからも、『命の恩人』や『親子』を越えた、かけがえのない存在であり続けるでしょう。

出典
17 years after saving her life, firefighter accompanies girl to grad

Share Tweet LINE コメント

page
top