grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンのおすすめリュック決定版! 10種類から選んだバッグとは?

By - ドルフィン  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

プロ品質の商品が手頃な価格帯で買えると評判の『ワークマン』。

なかでもリュックは通勤からレジャーまで、幅広く活躍すると大人気です。

ですが種類が多く、どれがいいのかと悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで通勤などの普段使いに最適な『日常用』と、アウトドアやキャンプといった遠出時に便利な『お出かけ用』の、2つのシーンに分けて、おすすめのリュックを1つずつピックアップしました!

ワークマンのリュックが気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

※この情報は、2021年11月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ワークマンのおすすめリュック 10種類の中からピックアップ

ワークマンのリュックから、おすすめ商品をピックアップするために、候補として挙げたのが次の10種類。

・デイバッグ

・ベーシックバックパック

・メガリュック

・撥水デイバッグ(リュック)

・防水デイバッグ

・イージス防水デイバッグ

・イージス防水メッセンジャーバッグ

・ZAT ドライバッグ バックパックタイプ

・ジョイントバックパック スタンダードエディション

・ジョイントバックパック ハイカーズエディション

ワークマンのオンラインストアで確認できた商品から、特徴的なリュックを選びました。

どの商品も魅力的で、優劣を付け難かったのが正直なところ。

口コミの評判、価格や機能などから判断し、おすすめできるリュックを決めました。

『日常用』と『お出かけ用』に、ぴったりのリュックがこちらです。

日常用におすすめのリュック

・イージス防水デイバッグ

お出かけ用におすすめのリュック

・ジョイントバックパック ハイカーズエディション

情報をまとめているので、確認していきましょう!

ワークマンのおすすめリュック 日常用なら『イージス防水デイバッグ』

『イージス防水デイバッグ』の基本情報は、次のとおりです。

※画像の商品は迷彩グレー

『イージス防水デイバッグ』の基本情報

素材:ポリエステル(PVCラミネート)

サイズ(約):幅33㎝×高さ45㎝×奥行17㎝

容量:20ℓ

色:ブラック、迷彩パープル、迷彩グレー

価格:2900円(税込)

『イージス防水デイバッグ』の特徴

・防水機能に特化した『AEGIS』シリーズの商品。

・日常使いにちょうどいい20ℓの容量。

・YKK止水ファスナーを全面に採用。

・反射プリント付き。

・軽くて丈夫。

『イージス防水デイバッグ』の気になるところ

・サイドポケットに水が溜まりやすい。

・ネットや店舗の在庫が少ない。

『イージス防水デイバッグ』は、日常使いにぴったりの20ℓというサイズ感。

15インチのノートパソコンやお弁当、折りたたみ傘などが入ります。

完全防水ではありませんが、防水機能に力を入れたブランド『AEGIS』シリーズなので、多少、濡れるくらいなら問題ないでしょう。

夜道を移動する時に安心できる、反射プリント付き。軽くてしっかりしたつくりをしているのも、『イージス防水デイバッグ』の特徴ですね。

便利な機能がたくさん付いて、税込み2900円という価格は魅力的。

長く愛用できるリュックになるのではないでしょうか。

『イージス防水デイバッグ』の口コミ

・日常使いにピッタリで、防水性能、収納性能ともに大満足。

・ノートパソコンや書類などたくさん入れていますが、肩紐のクッションがしっかりしていて疲れません。

・サイズ、値段、機能、申し分ないです。

もっと『イージス防水デイバッグ』を知りたいという人は、こちらの体験レビュー記事を確認してみてください。

ワークマンのおすすめリュック お出かけ用なら『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』の基本情報は、次のとおりです。

※画像の商品はブラウン

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』の基本情報

素材:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル

サイズ(約):幅32㎝×高さ53㎝×奥行21㎝

容量:41ℓ

色:ブラウン、カーキ

価格:4900円(税込)

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』の特徴

・レジャーにぴったりな41ℓの容量。

・DIAMAGIC DIRECTという撥水・防汚加工がされている。

・内側に4つ外側に6つ計10個のポケットがある。

・アウトドアに便利な機能がたくさんある。

・長時間背負っても疲れにくいクッション付き。

・軽くて丈夫。

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』の気になるところ

・防水性はない。

・激しく上下に動くとファスナーが下がる時がある。

・店舗のみの取り扱いである。

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』は、荷物が多い人にとって嬉しい40ℓという大容量。

防水機能はありませんが、三菱商事ファッション株式会社が開発した『DIAMAGIC DIRECT』という、撥水・防汚加工を標準装備しています。

本体以外に10個のポケットがあるのは、『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』ならではでしょう。

ほかにも、キャンプ用のランタンやマグカップが掛けられる、ナスカンとDカン付き。カナビラループをはじめ、寝袋や薪がくくれる、固定ベルトも付いています。

ショルダーハーネスと背中部分にクッションがあるので、疲労を軽減してくれるでしょう。

持ち手が厚く、縫い目がしっかりしている印象の『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』は、税込み4900円

アウトドアに便利な機能が多く、お出かけに欠かせない相棒になるかもしれませんね。

『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』の口コミ

・肩にかけても負担が少ないですし、収納ポケットの多さに大満足です!

・41ℓの大容量は、ソロキャンプであれば、収納にほぼ困りません。

・とても軽く、背負い心地が最高です。

もっと『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』を知りたいという人は、こちらの体験レビュー記事を確認してみてください。

ワークマンのおすすめリュック以外も、使いやすくて便利

おすすめのリュックに選んだ『イージス防水デイバッグ』と『ジョイントバックパック ハイカーズエディション』以外にも、機能的な商品が多くあるワークマン。

「子供との外出用に」「釣りのために」など、用途に合わせて使えるリュックがたくさんあるので、ご紹介していきます。

『デイバッグ』

『デイバッグ』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『デイバッグ』の基本情報

素材:ポリエステル

容量:22ℓ

色:ブラック、レッド、グリーン、ブルー

価格:980円(税込)

『デイバッグ』の特徴

・コストパフォーマンスが抜群。

税込み980円で22ℓの容量。コストパフォーマンスに優れたバッグです。

内側と外側にポケットがあり、日常使いなら収納に困ることはないでしょう。

使い勝手のいいバッグですね。

『ベーシックバックパック』

『ベーシックバックパック』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『ベーシックバックパック』の基本情報

素材:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、クッション材/ポリエチレン

容量:16ℓ

色:グレー、ブラック、ネイビー

価格:1900円(税込)

『ベーシックバックパック』の特徴

・耐久性に優れたコーデュラの生地を使用。

・ファスナーポケット付き。

・荷物が取り出しやすい。

税込み1900円で16ℓの容量。スマートな見た目のバッグです。

本体とは別空間の、独立したポケットが外側と内側にあるので、必要な時にさっと荷物を取り出せるでしょう。

シンプルな形と色は、どんなシーンにも対応できそうですね。

『メガリュック』

『メガリュック』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『メガリュック』の基本情報

素材:ポリエステル100%

サイズ(約):幅31㎝×高さ48㎝×底部分マチ22㎝

容量:30ℓ

色:クロ、グレー迷彩

価格:1900円(税込)

『メガリュック』の特徴

・大容量の30ℓ。

・ポケットが6つある。

税込み1900円で30ℓの大容量。荷物がたくさん入るリュックです。

ポケットが6つも付いているので、収納に困ることはないでしょう。

非常用のグッズ入れなど、大きさを活かした使い方ができますね。

『撥水デイバッグ(リュック)』

『撥水デイバッグ(リュック)』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『撥水デイバッグ(リュック)』の特徴

素材:表地/ポリエステル(PVCラミネート)

容量:20ℓ

色:ブラック、レッド、迷彩グリーン、迷彩グレー

価格:1900円(税込)

『撥水デイバッグ(リュック)』の特徴

・撥水加工がされている。

・フルオープンタイプのファスナー。

・止水ファスナーが使われている。

・反射プリント付き。

・肩部分と腰部分に厚手のクッション付き。

税込み1900円とは思えない、たくさんの機能があるバッグです。

撥水加工、止水ファスナー、反射プリントなどは、アウトドアにぴったり。

全体を開けられるフルオープンタイプなので、荷物の出し入れがしやすいでしょう。

『防水デイバッグ』

『防水デイバッグ』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『防水デイバッグ』の基本情報

素材:表地/ポリエステル(裏PUコーティング)

サイズ(約):幅33㎝×高さ45㎝×奥行17㎝

容量:25ℓ

色:ベージュ、ブラック、バーガンディ、ネイビー

価格:2900円(税込)

『防水デイバッグ』の特徴

・防水加工がされている。

・止水ファスナーが使われている。

・取り外し可能なスリーブケースが付いている。

税込み2900円の、オールウェザー対応の防水バッグです。

すっきりとした見た目ながら、たくさんの機能が詰まっているので、通勤にもアウトドアにも使えそうですね。

完全防水ではありませんが、多少の雨ならば気にならないでしょう。

『イージス防水メッセンジャーバッグ』

『イージス防水メッセンジャーバッグ』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『イージス防水メッセンジャーバッグ』の基本情報

サイズ(約):幅33㎝×高さ57㎝×奥行17㎝

容量:30ℓ

色:ブラック、ブルー、パープル、グレー

価格:2900円(税込)

『イージス防水メッセンジャーバッグ』の特徴

・防水機能に特化した『AEGIS』シリーズの商品。

・ファスナー付きポケットがある。

・リュック上部の開閉口がしっかりしている。

・物を掛けられるループ付き。

税込み2900円で30ℓの大容量。防水機能が高いバッグです。

生地をぐるぐると巻いて口を閉じるので、開閉口から水が入ることは少ないでしょう。

タフに使い回せる、便利なバッグですね。

『ZAT ドライバッグ バックパックタイプ』

『ZAT ドライバッグ バックパックタイプ』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラック

『ZAT ドライバッグ バックパックタイプ』の基本情報

素材:生地/PVCターポリン、テープ/ポリプロピレン、バックル/ポリアセタール

サイズ(約):幅31㎝×高さ46㎝×奥行21㎝

容量:24ℓ

色:グレー、ブラック、イエロー、カーキ、ブルー

価格:3300円(税込)

『ZAT ドライバッグ バックパックタイプ』の特徴

・無縫製構造。

・防水素材を使っている。

・丸洗いができる。

・ショルダーベルトの取り外しができる。

税込み3300円の、防水機能が高いバッグです。

縫い目がないウェルディング加工により、水や泥汚れをシャットアウト。

雨や泥で汚れたウェア、靴をそのまま入れても、バッグごと丸洗いできるので、雑に使っても清潔感を保てることでしょう。

『ジョイントバックパック スタンダードエディション』

『ジョイントバックパック スタンダードエディション』の基本情報は、次のとおり。

※画像の商品はブラウン

『ジョイントバックパック スタンダードエディション』の基本情報

サイズ(約):幅32㎝×高さ56㎝×奥行9㎝

容量:18ℓ

色:ブラック、ブラウン、カーキ

価格:3900円(税込)

『ジョイントバックパック スタンダードエディション』の特徴

・DIAMAGIC DIRECTという撥水・防汚加工がされている(ブラウン、カーキのみ)。

・REPELTEXという撥水加工がされている(ブラックのみ)。

・底部分にドローコードが付いている(ブラウン、カーキのみ)。

・アウトドアに便利な機能がたくさんある。

税込み3900円の、アウトドアに向いたバッグです。

フロント部分にある大小4つのポケットや、キャンプに欠かせないアイテムを付けられる、カラビナループ、ナスカン、Dカンなどの、便利な機能がたくさん。

色によって機能が変わるので、用途に合わせて選びましょう。

ワークマンでおすすめのリュックは、機能もコスパも優れていた

口コミの評判、価格や機能などから、ワークマンのおすすめリュックを選びました。

日常用におすすめのリュック

・イージス防水デイバッグ

お出かけ用におすすめのリュック

・ジョイントバックパック ハイカーズエディション

どちらの商品も、ずっと使いたくなるほど便利でした。

おすすめの商品以外にも、さまざまなシーンに便利なリュックがあるワークマン。

リュックのほかに、機能的なシューズも販売しているので、気になる人は確認してみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワークマンオフィシャルオンラインストア

Share Tweet LINE コメント

page
top