grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンの『ジョイントバックパック』がおすすめの理由5選 4900円の価値あり

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

作業服や工場関連商品の最大手である『ワークマン』。

機能性が優れていて、日常的に使える便利なバッグも多いと評判です。

店舗へ行った時に、『ジョイントバックパック ハイカーズエディション(以下、ジョイントバックパック)』という、商品を見つけました。

気になったので使用感を確認したところ、驚くことばかり。

『ジョイントバックパック』の、特徴をご紹介します。

ワークマンの『ジョイントバックパック』の基本情報

ワークマンの『ジョイントバックパック』の基本情報がこちら。

※写真の商品はブラウン

素材:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル

サイズ(約):幅32㎝×高さ53㎝×奥行21㎝

容量:41ℓ

色:ブラウン、カーキ

価格:4900円(税込)

『ジョイントバックパック』は、中古キャンピングカーで全国を旅する、ワークマン公式アンバサダーと、ワークマンの共同開発品。

荷物が多い人にとって嬉しい機能が、ふんだんに盛り込まれていました。

41ℓという大容量はもちろんのこと。

チェストベルトとウエストベルトが付いていて、しっかり固定できます。

ベルトは長さ調整ができるため、身体にフィットしやすいでしょう。

チェストベルト

ウエストベルト

背負ってみましたが、シルエットがいいですね。

三菱商事ファッション株式会社が開発した、撥水・防汚加工の『ディアマジックダイレクト』がされているのも特徴です。

ただ、雨のように連続で水がかかると、しっとり濡れてしまうので、過信はいけません。

価格は税込み4900円。一般的な旅行用バッグの相場と同じくらいです。

充実した機能を考えると、安いと思えるかもしれませんね。

ワークマンの『ジョイントバックパック』の5つの特徴

ワークマンの『ジョイントバックパック』には、次の5つの特徴があります。

・41ℓの荷物が入る。

・内側に4つ外側に6つ、計10個のポケットがある。

・便利な機能が多くある。

・つくりが丈夫である。

・片付けが簡単である。

とにもかくにも、荷物が入る印象の『ジョイントバックパック』。

大容量の本体に加えて、内側に4つと外側に6つの、計10個もポケットがありました。

細かい部分にもこだわりを感じられたので、長く使えば使うほど、手放せないバッグになるのではないでしょうか。

『ジョイントバックパック』の特徴をまとめたので、チェックしてみてください。

41ℓの大容量 4泊分が入るキャパ

一般的に荷物が少ない人は、10ℓで1泊分といわれています。

どれだけ荷物が入るのか、4泊ほどの旅行グッズを入れてみました。

・下着4枚

・靴下4枚

・インナー4枚

・Tシャツ4枚

・ボトムス2枚

・ウインドブレーカー1枚

・カーディガン1枚

・貴重品入れ

・財布

・ボックスティッシュ

・折りたたみ傘1本

・洗面用品

・タオル類

・スマホ周りの電子機器

・マスクなどの衛生品

本体に主要な荷物をしまい、外側のフロント部分のポケットにボックスティッシュ、サイドポケットに折りたたみ傘を入れて完了。

使っていないポケットがあと4つあり、もう少しだけ入りそう。

バッグ部分のファスナーが、スーツケースのようなフルオープンタイプなので、荷物の整理や出し入れが楽でした。

掴みやすいように、ファスナーに引き手があるのもポイントです。

ファスナー

旅行グッズではなく、試しに15インチのノートパソコンと充電器を入れてみました。

内側にある、背中部分のポケットにすっぽり。

アウトドアでもビジネスでも、活躍できる大きさでしょう。

ポケットが10個 内側に4つ、外側に6つ

ワークマンの『ジョイントバックパック』には、内側に4つ、外側に6つの、計10個のポケットがあります。

まずは内側のポケットから確認していきましょう。

背中部分のポケットは、15インチのノートパソコンが入るサイズ。

内側にある背中部分のポケット

フロント部分のポケットは、中身が見えるメッシュ生地で、ファスナーが付いていました。

内側にあるフロント部分のポケット

内側の両端には1つずつ、折りたたみ傘や500㎖のペットボトルが入るポケットがあります。

内側の両端にあるポケット

続いて、外側のポケットを見ていきましょう。

目を引くのは、奥行のあるフロント部分のポケット。一般的なボックスティシュが、そのまま入るほど大きいです。

外側にあるフロント部分のポケット

持ち手の近くに、ちょっとしたポケットがありました。

持ち手にあるポケット

内側と同じように1つずつ、両端に500㎖のペットボトルなどが入るポケット付き。

外側にある両サイドのポケット

ウエストベルトの左右に、小物入れによさそうなポケットが1つずつあります。

ウエストベルトのポケット

これだけ収納できるポケットがあると、出先で荷物が増えてもキャパは気にならないでしょう。

使い手に優しい、便利な機能がたくさん

ワークマンの『ジョイントバックパック』を触ってみて、さまざまな箇所に使い手目線の機能を見つけました。

持っていて安心感のある、分厚い持ち手。

持ち手

ウエストベルトはマジックテープで付いているので、用途に応じて取り外しができます。

本体とウエストベルト

背中部分とショルダーハーネスに、通気性のいいメッシュ生地のクッション。疲労を軽減してくれるでしょう。

背中部分とショルダーハーネスのクッション

キャンプ用品のハンマー、ランタン、マグカップなどが掛けられそうな、外側の両サイド部分。

中央:ナスカン、右:Dカン

側面と底の部分に、登山用のカラビナを付けるループがありました。

カラビナループ

小さいテントや寝袋、アウトドアチェア、薪がくくれる、輪っか状のベルトが底に付いています。

固定ベルト

別売りにはなりますが、『サコッシュ』と『チョークサコッシュ』を取り付けることができるので、自由にカスタマイズを楽しめるでしょう。

自分好みに使えるのは、嬉しいですね。

丈夫なつくりで、縫い目もしっかり

『ジョイントバックパック』は、荷物が多い時に活躍する大容量のバッグです。

遠出時に使うことが多いので、耐久性は気になるところ。

『ジョイントバックパック』を、隅から隅まで触ってみましたが…。

ショルダーハーネスのつなぎ目

フロント部分のつなぎ目

内側の裏地

フロント部分にあるポケットの裏地

気になる箇所は、ありませんでした。

個体差はあるでしょうが、『ジョイントバックパック』はしっかりしている印象です。

手入れは簡単で、水や薄めた中性洗剤を布に湿らせて拭き取ればOK。

濡れた時は水気を拭き取った後、陰干しで自然乾燥をさせれば、少しでも長く使えるでしょう。

簡単に片付けられるサイズ感と重さ

41ℓの大容量ですが、『ジョイントバックパック』は20ℓ級のバッグと、サイズ感は大きく変わりません。

左:ジョイントバックパック、右:20ℓ級のバッグ

タンスのような保管場所や、フックにかけたり、部屋のデッドスペースに置いたりしてもいいでしょう。

タンスのサイズ:幅52㎝×高さ14㎝×奥行43㎝

『ジョイントバックパック』に荷物を入れたままだと、バッグの生地が痛むことや、荷物に色移りする可能性もあるので、要注意です。

ワークマンの『ジョイントバックパック』で気になったところ

『ジョイントバックパック』の使用感を確認していて、気になったのは次のポイント。

・防水性がない。

・ファスナーが下がる時がある。

・店舗のみの取り扱いである。

防水性はありませんが、『ディアマジックダイレクト』という機能加工がされています。

水を弾きやすく、汚れが付いても落ちやすいので、防水性にこだわりがないのなら、気にしなくてもいいでしょう。

ファスナーに関しては、力を入れなくともスムースに動きます。

とても使いやすいのですが、外側にあるフロント部分のポケットに、重い荷物を入れたまま激しく上下に動くと、ファスナーが下がってしまう時も。

残念ながら『ジョイントバックパック』は、店舗にしかありません。家の近くにワークマンがない場合は、遠出しないと購入は難しいですね。

店舗在庫の確認と取り置きはできるようなので、ワークマンへ行く前に確認してみてはいかがでしょうか。

ワークマンの『ジョイントバックパック』はネット上でも大評判

41ℓの大容量に加えて、10個のポケットなど、使い勝手のいい機能が、盛りだくさんな『ジョイントバックパック』。

ネット上でも、品質の高さに驚く声がありました。

・子供とのお出かけ用に買いました。肩にかけても負担が少ないですし、収納ポッケがたくさんあって便利。オムツも入れてます。

・41ℓで大容量。ポケットもたくさんあり、ソロキャンプであれば収納にはほぼ困りません。

・大容量で山登りに最適!飛行機の旅での活躍も期待できる。

「荷物が多くて困ってる」「たっぷり収納できるバッグを探している」というような人に、『ジョイントバックパック』は合うかもしれませんね。

ワークマンにはほかにも、大容量のボストンバッグがあるので、見比べてみてもいいでしょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top