grape [グレイプ] entertainment

『人生ベスト10』を考えてみると、幸せを感じる感性が高まってくる

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

『人生ベスト10』の勧め

思いがけないうれしいこと。頑張って達成したこと。人生の中の、日常の中の、忘れられないこと。そんな出来事、思い出は宝物のようです。

思い出すたびにあたたかい気持ちになり、感動がよみがえる。それは、宝石箱を開けて宝物を手にとってみることに似ています。

そんな出来事を『人生ベスト10』として記憶する。ベスト10だけでなく、20でも30でもいいのですが、あまり多いと特別感が薄まるので、まずはベスト10から数えてみるのがいいでしょう。

数え上げるのは、特別大きな出来事でなくもいいのです。大切なことは「感動」、「心が震える」出来事という点です。

大切なものは、一カ所にまとめて保管するものです。家中に散らかってはいないでしょう。『ベスト10』を考えてみるのはそれと同じこと。

これまで生きてきた中で、最もうれしかったことを心の中でまとめてみることで、自分が歩んできた年月を彩ることができます。そして何よりも幸せ感が高まります。

大変なことも多くあったけれど、うれしかったこともたくさんあった。そう考えると、幸せを感じる感性が高まってきます。すると、ささやかなこともうれしいと思えるようになるのです。

私が『人生ベスト10』を意識したのは、ハワイでの挙式でのこと。指輪の交換や宣誓の儀式が終わり退場するとき、ふと見ると最前列に座っている母の隣に杏里が座っていたのです。

友人たちのサプライズでした。あまりの驚きに泣いてしまいました。当時、杏里はロサンジェルスに住んでいて、なかなか連絡が取りづらい時期でもあったのです。

このとき、このサプライズは人生ベスト10に入るなあ、と思ったことがきっかけでした。

遡って考えてみると、作詞家になれたこともベスト10に入ります。結婚したことも子どもを授かったことも宝物です。

ミュージカル『RENT』の日本語詞の制作に関われたことも、『Jupiter』という大きな作品に出会えたことも、ベスト10に入ります。

17歳のときに船の上で見た満天の星空も、授業をさぼって見に行った、最高にきれいだった5月の海も、生き方に示唆を与えてくれた思い出です。

インパクトは大きさではなく、心への響き方でもあります。ベスト10を考え始めると、10個では足りないことに気づくでしょう。

それは、これからランクインする感動を予感させるのです。

※記事中の写真はすべてイメージ


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top