grape [グレイプ] hobby

「おじいちゃん、生き返らないの?」という子供  親の返しに「吹いたわ!」「変な声が出た」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

命あるものには、いつか必ず終わりが来るもの。

幼い子供はまだ『死』という概念を理解しておらず、身近な動物や家族の旅立ちをきっかけに、命が有限であることを学びます。

伊東(@ito_44_3)さんが描いたのは、今まさに別れの時を経験した男の子の姿。

祖父の葬式に参列した男の子は、眠るような祖父の姿を見て、両親に疑問を投げかけたのですが…。

『お葬式』

初めて『別れ』に直面した子供が、死を理解できず「眠ってるの?いつ起きるの?」といった疑問を投げかけるのは、珍しくありません。

しかし、母親の斜め上の発言によって、話はどんどん哲学的な方向へ。父親はそんな2人のやり取りに、ツッコミを入れ続けるのでした…!

ちょっぴりブラックで、コントのようなボケとツッコミの流れに、多くの人が笑いのツボを刺激されたようです!

・シュールすぎる。このブラックなノリ、好きだわ…。

・かなりズレてる母親と、冷静にツッコミを入れ続ける父親に吹いたわ!

・笑って変な声が出た。子供相手に、こんな難しい話を…!

「身体を別のものと入れ替えた祖父は、果たして『祖父』という個体として認められるのか?」という、子供には難しすぎる哲学の話。

彼がこの問いに対する考えを整理するには、きっと10年以上かかることでしょう…。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ito_44_3

Share Tweet LINE コメント

page
top