grape [グレイプ] entertainment

88歳でBLの『沼』に…!? 東海林のり子『徹子の部屋』で明かしたエピソードに反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「現場の東海林(しょうじ)です」という決め台詞で知られる、芸能リポーターの、東海林のり子さん。

2022年12月1日、トーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、そこで明かしたエピソードが話題になっています。

東海林のり子、88歳にして『沼った』ことは…?

東海林さんは、2018年に夫を亡くし、その後、19歳の愛猫ミミちゃんを失い、2022年現在、1人暮らしをしているそうです。

愛猫を失った時のことを思い出すと涙が出てくるという東海林さんですが、1人暮らしにさびしさは感じていないとのこと。

1人でもさびしさを感じていないのは「新たな楽しみと出会うことができたから」だそうです。

その新たな楽しみとは、韓国ドラマ。

東海林さんは、韓国ドラマ『梨泰院クラス』に大ハマりし、同ドラマの主演を務めるパク・ソジュンの大ファンになったといいます。

「こういうの『沼落ち』っていうんですってね。ズブッとハマりました」とコメントした東海林さん。

『沼落ち』という言葉を聞いた同番組の司会者である、黒柳徹子さんは「怖い」といいつつも大笑い。

東海林さんは続けて、韓国ドラマ以外にも『沼落ち』してしまったものがあると明かしました。

そうやっていろいろ見ている内に、タイドラマにはまったんです。 タイ。

『BL』っていって、『ボーイズラブ』なんですよ。

それがだいたい大人じゃなくて、高校から大学行くくらいの年代(が舞台になっている)。

青春ドラマみたいなんですけど、男同士の恋愛。

それもかわいいんですよ。

徹子の部屋 ーより引用

また、BLドラマを観ている内に、BL小説にも『沼落ち』したという、東海林さん。

一人暮らしを始めてから、韓国ドラマからタイのBLドラマ、そしてBL小説と趣味の幅が広がっているようです。

東海林さんは、「88歳になるまで、考えたこともない世界に出会えて楽しい」「世の中がどんどん変わっていくのについて行けば、ある程度生きられるかな」と、毎日充実した生活を送っている様子を生き生きと語りました。

東海林さんが語った、新たな『沼』との出会いについて、ネットからはさまざまな声が上がっています。

・東海林さんと黒柳さんが『沼落ち』っていうワードで「フフフ」って笑い合っているの、最高だった。

・年をとっても沼に落ちる元気があれば長生きができる活力になるという、いい話でした。

・何歳になっても『沼』にハマって夢中になれるものがある。そんな人生を送りたいなあ。

・『沼』について語る東海林さん、少女のように生き生きしててかわいかった!素敵です!

また、自身の88歳の誕生日会では、ロックバンド『LUNA SEA』のメンバーにバックハグをしてもらったという東海林さん。

90歳の誕生日にはお姫様抱っこをしてもらいたいと考えているそうです。

いくつになっても乙女心を忘れないことが、健康の秘訣なのでしょうね!


[文・構成/grape編集部]

出典
徹子の部屋

Share Tweet LINE コメント

page
top