grape [グレイプ]

「二刀流」でもさすがにこれは無理! 大谷翔平がまさかの展開に大ピンチ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

日本球界の宝・日本ハムファイターズの大谷翔平選手がまさかの珍事に見舞われました。

大谷選手は2016年7月10日に札幌ドームで行われた「日本ハムファイターズ×千葉ロッテマリーンズ」の一戦に先発投手として出場。

この日の大谷選手の投球内容は6回1/3を投げ、3失点。8奪三振をとるなど見せ場も作り、チームも劇的なサヨナラ勝ちを決めています。

そんな大谷選手にハプニングが起きたのは6回1死。ロッテの4番デスパイネ選手を迎えた場面でした。

二刀流でもさすがにこれは無理

ボールを捕球し損ねた捕手・大野奨太選手が左打席付近に転がったボールを拾いに向かいます。そして、当たり前に大谷選手にボールを返球します。

しかし、主審もそれに気付かず新たなボールを大谷選手に投じてしまいます。

その結果、大谷選手に2球同時にボールが投げつけられるというアクシデントが発生。

まさかの展開に大谷選手もパニック! 審判からの返球を捕球すると、急いでマウンドから逃げます。

そりゃ、驚きますよね(笑)

さすがに二刀流で成績を残している大谷選手でも2球同時捕球は不可能なようです。

この珍事へのファンの反応

  • 危ないってー!
  • 大野と審判が顔向き合うとこもシンクロしてて好き
  • 逃げる翔平さんが可愛い

正真正銘の珍プレーにホッコリしたという人も多いようですが、とにかく大谷選手にケガがなくてよかったです。

出典
@FightersPR@PacificleagueTV

Share Tweet LINE コメント

page
top