grape [グレイプ]

「ずっと一緒にいるよ」今は亡き飼い主の墓に、1年間通い続けた猫

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

ある日、インドネシア中部ジャワ州のとある街を歩いていたケリーさん。お墓の横を通りかかった際に、猫の鳴き声が耳に入りました。

気になって近付いてみると、そこには墓の上で鳴き声を上げている猫の姿があったのです。

飼い主のお墓に1年間通い続けた猫

捨てられてしまったのかと思い、ケリーさんは猫を家で保護することに。しかし猫は、毎日家を抜け出してどこかへ行ってしまうのです。

(いったい、いつもどこに行っているのだろうか…)

不思議に思い、猫を探したケリーさん。猫を拾った墓場に行ってみると、そこには出会った日と同じように猫の姿がありました。

26240_01

出典:Facebook

昼も夜も、気づけばお墓の上にいる猫…。時々お墓を離れるものの、数時間経つとまたこのお墓に戻ってくるのです。

愛おしげに墓に頬をすり寄せたり、傍で寝転んだり…といった行動に、ケリーさんは疑問を抱きました。

26240_03

出典:Facebook

実はここは、今は亡き飼い主の墓石だった

ケリーさんが調べた結果、この墓は今は亡き飼い主の墓石だったことが判明。

このことを知ってケリーさんはショックを受けますが、亡き飼い主との強い絆を感じました。

26240_05

出典:Facebook

「これは、猫によくある習性のひとつです。
猫は大切な存在がいなくなると、他のものに対して一切興味をもたなくなることがあります」

このエピソードに対し、動物専門学者はこのように語ります。『犬は忠実、猫は自由きまま』といったイメージが定着していますが、猫もとても愛情が深い生き物なのです。

猫は今でも、毎日飼い主さんのお墓に通っています。きっとこの子にとって、温かい部屋の中にいることよりも、大好きな人と一緒にいられることが大切なのでしょう。

出典
Keli Keningau PrayitnoHeartbroken Cat Has Spent 1 Year By Her Dead Owner’s Grave | Bored Panda

Share Tweet LINE コメント

page
top