grape [グレイプ]

『猫分補給』するならこの島! 「自宅の猫もかわいいが、島の猫にも会いたい」

By - 産経フォト  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

船着き場のそばでひなたぼっこを楽しむ猫=岡山県笠岡市の真鍋島(尾崎修二撮影)

数ある瀬戸内海の〝猫島〟の中から、今回訪れたのは真鍋島。岡山県笠岡市・笠岡諸島に属するこの島では平安時代、藤原氏の一族が水軍を率いて真鍋氏を名乗り、近隣の島を支配下に置いていたという説があり、中国・四国地方に多い「真鍋姓」の発祥の地ともいわれる。

昭和50年代には「瀬戸内少年野球団」などの映画のロケ地として観光客の注目を集めたが、今は知る人ぞ知る「猫島」として、カップルや外国人の来島が後を絶たない。

古くから漁業が盛んな島で、港の周辺には昔ながらの懐かしい漁村の風景が広がり、潮の香りと相まって郷愁を誘う。

たこつぼ、割ったのは誰?「知らニャい…」=岡山県笠岡市の真鍋島(尾崎修二撮影)

船を降りるとすぐに、2匹の子猫が防波堤の上でじゃれ合う場面に出くわした。カメラを向けるとピタリと動きを止めて「何事?」といった表情で、レンズを見つめる4つの瞳。しばらく撮影しているうちに、どこからともなく数匹の猫たちが集まってきて「ニャーニャー」と足下で騒ぎ立てる。

持参したおもちゃで遊ばせたりしていると、島に住むお年寄りに声を掛けられた。「あんた、猫が珍しいん?どこにでもおるじゃろう(笑)」ごもっともなお言葉…。「どこの猫も、それぞれの表情や仕草がかわいいんですよ」苦し紛れに答えたが、行く先々で猫に「かわいいね-」などと声を掛けながら写真を撮っているカメラマンは、やはり少々怪しく見えてしまうのだろう。

「おいしい匂いが…」?漁師さんのかごの中を物色の猫たち=岡山県笠岡市(尾崎修二撮影)

往路の連絡船で出会った倉敷在住の夫婦は「真鍋島には何度も来ています。ここは古い建物などの町並みがいい雰囲気」とお気に入り。自宅でも猫を飼っているが、夫婦であちこちの「猫島巡り」を楽しんでいるのだそう。「自宅の猫もかわいいが、島の猫にも会いたい」-同感だ。旅の道中で猫を見かけると、それがひとつの思い出として心に刻まれる。

春の訪れとともに海辺の風がポカポカと暖かくなるこの季節、真鍋島で“猫分補給”というのはいかが?

※この記事は2016年4月14日に公開されたものです。

おもちゃに夢中の子猫。遊ばせているのか、こちらが遊んでもらっているのか、時々わからなくなります…=岡山県笠岡市の真鍋島(尾崎修二撮影)

ふわり…堤防の切れ目で大ジャンプ!真鍋島の猫も跳ぶんです!=岡山県笠岡市の真鍋島(尾崎修二撮影)

船着き場に観光客が到着すると、猛ダッシュで向かってくる猫たち=岡山県笠岡市(尾崎修二撮影)

タコつぼの中に何かあるの?一つ一つ顔を突っ込んで調べていた猫=岡山県笠岡市の真鍋島(尾崎修二撮影)

この画面に何匹の猫がいるでしょう?=岡山県笠岡市(尾崎修二撮影)


[産経新聞写真報道局 尾崎修二]

産経フォト

産経新聞社の写真でニュースをお伝えするサイト「産経フォト」
http://www.sankei.com/photo/

出典
瀬戸内の島で〝猫分補給〟 岡山・真鍋島

Share Tweet LINE コメント

page
top