grape [グレイプ] entertainment

「買っただけでも意味がある!?」積み上げられた本に隠された本当の気持ち

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

藤井聡太四段の連勝により、日本中に巻き起こっている将棋ブーム。

藤井四段が対局中に食べた昼食のメニューがニュースになるなど、その人気は留まるところを知りません。

藤井四段の趣味は読書。司馬遼太郎、新田次郎、沢木耕太郎といった方の本をよく読むそうです。

では、現代人は一般的に何冊程度、本を読んでいるのでしょうか。

ニッポン放送のラジオ『土屋礼央 レオなるど』では、街ゆく人100人に「今年に入ってから何冊本を読んだか」を尋ねてみました。

その結果がこちら!

今年に入って、何冊本を読みましたか

『レオなるど』の調査によると、今年になってから読んだ本は平均8.73冊

月に1冊程度、6冊以上の方がなんと44人という1番多い結果に。30冊ほど読むという人も19人いました。

grapeでは現在もアンケートを実施しています。あなたが今年に入ってから読んだ本の冊数を、教えてください!

ところで、本を読み終わる前に次の本を買ってしまう、いわゆる『積み本』の状態になってしまったことはありませんか。

この『積み本』。実は悪いことばかりではないそうです。

書店で選んで買った本には、自分が知りたいことの欲求が現れています。

常に目に入るところに積み本コーナーを作り、それをざっと眺めるだけでも、自分が心の底でどんなことを求めていたのかを認識できます。

その結果、新鮮なひらめきが生まれやすくなるそうです。

それに対し、1番いけないのが「まだ読んでない本があるから」といって新しい本を購入するのをためらってしまうこと。買わないことで読む機会を失ってしまうのが大きなマイナスだそうです。

番組では『積み本』に関してのもっと詳しい話や、リスナーのオススメ書籍などを紹介しました。

その様子は、パソコンやスマホからラジオが聴ける『radiko(ラジコ)』で、楽しんでくださいね。

※ 2017年7月4日午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。その他の地域の方はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。
※ アンケート結果は『土屋礼央 レオなるど』内でご紹介する場合がございます。

土屋礼央 レオなるど

毎週月~木曜日 午後1:00~4:00 AM1242 FM93 ニッポン放送にて放送! 午後の空いた時間にちょっと集まって無駄話ができる公園のような場所、それが…「土屋礼央 レオなるど」です。
土屋礼央 レオなるど 公式サイト

Share Tweet LINE コメント

page
top