grape [グレイプ]

「晴れるのを祈るのみ!」2017年最後の『流星群』がもうすぐ!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2017年に見られる最後の流星群『ふたご座流星群』が、12月14日に極大日(流星のピーク)を迎えます。

ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並び、『三大流星群』と呼ばれるほど大きな流星群です。

暗い場所で観測すれば、1時間に40個ほどの流星を見ることができます。

観測するならこの日!

ふたご座流星群の極大日は14日の16時ごろ。14日の夜以外にも、前日と翌日にも通常より多くの流星が見られます。

日本では、13日から14日に日付が変わる時間帯が狙い目のようです。

また、ふたご座流星群は、20時ごろからほぼ一晩中流れ星を観測できるという特徴があります。

比較的早い時間から見られるので、お子さんとも一緒に観測することができそうですよ。

空が大きくひらけている場所に寝転んで、広く空を見上げると、たくさんの流星を見ることができるかもしれません!

当日の天気は?

2017年12月8日現在、気象庁が発表している全国の週間天気予報では、13日から15日にかけて曇りや晴の地域が多いようです。

ただ、東北地方などは雪が降る可能性もあり、かなり気温が下がります。

観測する際には、必ず温かい恰好をして防寒対策をしっかりとしましょう。

ふたご座流星群を楽しみにしている人たちからは、たくさんの願いの声が上がっていました。

・今年は見られるかもしれない。お願いだから、雲の邪魔が入りませんように。

・スーパームーンは見られなかったから、今回こそは!晴れて!

・流星を見ていると元気が貰えます。お願いごとができるように晴れてほしいです。

2017年最後の流星群は、月の影響もあまり受けることなく、比較的よい条件で観測することができるそうです。

綺麗な流星が見られるように、いまから『晴れ』を祈っておきましょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
気象庁

Share Tweet LINE コメント

page
top