grape [グレイプ]

「こんな友だちが、世界に1人いたらいい」辻仁成が語る、いい友だちの条件とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

作家やミュージシャンとして活躍する辻仁成(@TsujiHitonari)さんは、男手ひとつで息子を育てるシングルファーザーです。

思春期で悩むことが多いという息子に向けたアドバイスなどを、Twitterに投稿しています。

そんな辻さんが、「こういう友だちを1人でも見つけられたら、幸せになれる」と語り、多くの人をうなずかせました。

1人でもいたら幸せになれる友達の特徴とは…。

・一緒にいて楽しい人。

・なんでも話せる人。

・笑顔が素敵な人。

・陰口を絶対にいわない人。

・たまに助言してくれる人。

・頼りがいのある人。

・ウソをつかない人。

・ちょっと熱血な人。

・裏切らない人。

・なぜか波長の合う人。

・なぜか会いたくなる人。

辻さんが挙げた友達の特徴は、それほど目新しいものではありません。しかし、「実際に見つけよう」と思うと、それがとても難しいことに気付かされます。

このツイートに、コメントが寄せられています。

・そんな友だちと会ってきました。私も、相手にとってそういう人でありたいと思います。

・自分には、そんな友だちがいません。だから、自分がそういう人間になれたらと考えています。

・年齢に関係なく、そういう人は大切にしなければいけませんね。

もし、投稿にあるような友だちが欲しいと思ったら、まずは自分がそういう人間になれるよう努力することが、1番の近道なのかもしれません。

思春期で悩む辻さんの息子さんにも、「この人がいれば自分は幸せ」と思えるような、大切な友達が見つかるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@TsujiHitonari

Share Tweet LINE コメント

page
top