grape [グレイプ]

『紅白』総合司会・内村光良が大好評 過呼吸の欅坂46・平手を気遣う一幕も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2017年12月31日に放送された『第68回NHK紅白歌合戦』(以下、紅白)で、総合司会を務めた内村光良さんに称賛の声が集まっています。

内村さんが紅白の総合司会を務めるのは今回が初めて。大きなプレッシャーがあったでしょうが、内村さんらしい司会ぶりでした。

着替えたり、ウラトークチャンネルに行ったりでとにかく大忙し

初めてとは思えないほど、安定感抜群の進行を見せた内村さん。

紅組司会の有村架純さん、白組司会の二宮和也さんとのやりとりもバッチリでした。

さらに内村さんは、コント番組『LIFE!~人生に捧げるコント』(NHK)の人気キャラクターで『NHKのゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター』の三津谷寛治や『宇宙人総理』こと小暮井総理にふんして登場したりと、着替えやメイクでも大忙し!

内村さんの奮闘で、笑いの絶えない紅白となりました。

また、内村さんはバナナマンの2人が司会を務める副音声『紅白・ウラトークチャンネル』のウラトーク席にも開始1時間後に合流。

ウラトーク席で内村さんは、このように語りました。

大丈夫かな。じっくり歌声を聞けていない。

慌ただしくてさぁ。着替えが多いんだよ俺。ここ落ち着く。

第68回NHK紅白歌合戦 ーより引用

「ここ落ち着く」と、飛び出た本音。それだけ一生懸命だったということなのでしょう。

4年連続で副音声を担当するバナナマン・設楽統さんも「内村さんが総合司会だから今年はお笑い色が強い」と、過去の紅白と比較したコメントもしていました。

ちなみに、総合司会者がウラトーク席に合流したのは今回が初めてでした。

欅坂46とのコラボでは優しい人柄も垣間見えた

番組後半では内村さんが「ファンである」と公言していた、欅坂46とのコラボパフォーマンスを披露。

内村さんは欅坂46の激しいダンスナンバー『不協和音』をキレキレに踊り、以前からの夢であったという共演を実現させました。

しかし、センターの平手友梨奈さんには過呼吸のような症状が見られ、かなりつらそうにパフォーマンスをしていました。実は欅坂のメンバーたちはこのコラボの数分前に、同じ楽曲を全力で踊っていたのです。

優しい人柄であることで知られる内村さんは当然、パフォーマンス中であっても平手さんを気にかけていました。

平手さんと横並びになって踊る際に、内村さんは「大丈夫?」と声をかけ、優しく見つめる場面も。

内村さんにとっては、当たり前のことをしたまでかもしれません。ですが、自分が中心の企画で激しいダンスを踊っている最中にもかかわらず、平手さんを気遣った内村さんの対応は素晴らしいものでした。

視聴者の反応は?

・内村さん、あっちにこっちに大変そうだったけど、本当に最高でした。

・SMAPもサブちゃんもいないし、目玉歌手が少なくなった気もしたけど、司会陣の頑張りは近年では一番よかった!

・欅坂とのコラボも内村さんの優しさであふれてた。

・ウッチャンの司会が優勝!

また、コメントの中には2018年の紅白でも、内村さんの総合司会を熱望する声も多数見られました。

少し気が早いですが、期待してしまいますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
第68回NHK紅白歌合戦

Share Tweet LINE コメント

page
top