grape [グレイプ]

林修の教育論に驚きの声 「自分も同じだったから気持ちが分かる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

タレントで予備校講師の林修先生が、独自の教育論を展開。

2018年4月22日に放送されたバラエティ番組『林先生が驚く 初耳学』(TBS系)で、林先生は「教育費は子どもにも払わせるべき」と発言し、スタジオ内を驚かせました。

一部負担したほうがよい

林先生はアメリカでの研究を元に、子どもに教育費の一部を負担させたほうがよい理由を説明しました。

アメリカの大学の研究で、大学の学費を親が全部払った生徒と、本人が一部負担した生徒を比較した場合に、本人が一部を負担した子どものほうが『評定平均』、つまり成績がよいという結果が出ているんですよ。

林先生が驚く 初耳学 ーより引用

一部でも学費を払わせたほうが、子どもの成績が上がるというのです。

林先生は「少しでも学費を負担させることで、本人に自覚が生まれるのでは?」と、子どもが勉学に励む理由を推測していました。

スタジオ内からは、「ちょっとかわいそう」という意見も飛び出しますが、林先生は日本に置き換えて方法を説明。

お小遣いを例に挙げていました。

お小遣いが月に1千円だとしましょう。

子どもがお小遣いを上げてほしいと交渉してきて、「じゃあいいよ」と。

本当はプラス500円で1千5百円。これで子どもも納得するとした時に、「じゃあ、特別に2千円にしてあげよう」と。

ただし、「あなたの塾高いの。ちょっと自分で出してごらん」ということで2千円にしたけれども500円は自分の塾のお金に回す。 こういった形を取ると結果的には一緒じゃないですか。

2千円のお小遣いの中の500円は、全所得の25%ですから、子どもにとってはかなりデカいですよ。

林先生が驚く 初耳学 ーより引用

お小遣いをただ上げるのではなく、そこからお金を払わせるという林先生の方法。ネット上では「これなら無理なく意識させられそう」「自分も奨学金でいってたから、気持ちが分かる」といった声が上がっていました。

ただ、中には一部負担ではなく全額負担することに関しては「お金を稼ぐことを優先して、勉強する時間がなくなる」と心配する声も。

自分のお金が塾に使われていると考えれば、子どももいままで以上に勉強に取り組むかもしれません。

お金の大切さを教えながら、勉強にも取り組める林先生のアドバイスを試してみたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
林先生が驚く 初耳学

Share Tweet LINE コメント

page
top