grape [グレイプ]

ブロードウェイ版アナと雪の女王 迫力の『レット・イット・ゴー』が期待を裏切らない!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2014年に日本でも公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』。大ヒットを記録し『アナ雪旋風』を巻き起こしました。

アメリカではブロードウェイミュージカルとして生まれ変わり、2018年3月から公演が始まっています。

すでに、アメリカ演劇界でもっとも権威ある賞といわれているトニー賞にノミネートされるなど、大好評を博している舞台版アナと雪の女王。

このたび、エルサ役を演じているケイシー・レヴィが歌う『レット・イット・ゴー』がYouTube上で公開されました。

迫力の歌唱力と、最先端技術を駆使した舞台演出をぜひご覧ください!

主にミュージカル作品で活躍する女優のケイシー。いままでに『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役や、『ウィキッド』のエルファバ役など、数々の名作に出演してきた実力派です。

そんな彼女の『レット・イット・ゴー』の迫力に、心を揺さぶられます!

映画版とはまた違った魅力にあふれる歌唱シーンに、多くの人が「映画もよかったけど、舞台もいいね」「開始直後から引き込まれた」と大絶賛。

実際に舞台を鑑賞したくなりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Frozen The Broadway Musical's Caissie Levy Performs 'Let It Go'

Share Tweet LINE コメント

page
top