grape [グレイプ]

阿部サダヲは結婚してる? バンドでの活躍ぶりや、蒼井優と共演した映画に驚き

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

俳優として活躍している阿部サダヲさん。

コミカルな役から真面目な役まで幅広くこなすその演技力は、ファンはもちろん、各方面から支持されています。

そんな阿部サダヲさんの結婚の有無や、人気のバンド活動、ブルーリボン賞を受賞し話題になった出演映画についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

阿部サダヲってどんな人?

まずは阿部サダヲさんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1970年4月23日

出身地:千葉県松戸市

血液型:A型

身長:164 cm

所属事務所:大人計画

高校を卒業後は、トラック運転手などいくつかの職を転々としていたという阿部サダヲさん。

1991年に、現在所属する劇団であり事務所『大人計画』が主宰の舞台『やられたい男』を見たことをきっかけに、俳優という職業に興味がわき、同劇団のオーディションを受けて所属することに。

同年の舞台『冬の皮』で俳優デビューすると、演技力やその存在感が評価され、またたく間に看板役者になっていきます。

その後、ドラマ『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』(日本テレビ系)でTV初出演。それからは数多くのドラマや映画に出演し、俳優としてのキャリアを積みます。

2000年に放送された宮藤官九郎さんが脚本のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBSテレビ系)に出演してからは、名脇役として多くの人に知られる存在になっていきました。

活躍が注目されるようになったころの阿部サダヲさん 2008年

2007年の映画『舞妓Haaaan!!!』で映画初主演を務めてからは、ドラマや映画の主演を務める機会が増え、主演を務めた2011年放送ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)が人気になり、さらに注目される存在に。

現在もその活躍ぶりは続いており、人気の個性派俳優の1人になっています。

阿部サダヲがボーカルの『バンド』も人気に!

阿部サダヲさんは1995年から、自身が所属する劇団『大人計画』のメンバーと、バンド『グループ魂』を結成。『破壊』という名前でボーカルを務めています。

『港カヲル人間生活46周年コンサート~演奏・グループ魂~』 トレーラー

もともとは宮藤官九郎さんと俳優の村杉蝉之介さん、阿部サダヲさんの3人で始めたユニットで、当初は笑いに重きを置いたコント集団でした。

1997年からはギターやドラムなどの楽器演奏を取り入れ、ロックバンドに。『竹内力』や『本田博太郎〜magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!〜』などのシングルも発売し、2005年には年末の歌番組『紅白歌合戦』(NHK)にも出場しています。

現在も活動は続いており、フェスへの参加や、ライブを行うことも。

グループ魂の人気は根強く、「ライブを楽しみにしています!」といったコメントも多数寄せられていました。

阿部サダヲは結婚してる?子供は

あまりプライベートについては知られていない阿部サダヲさん。そのプライベートはどのようなものなのでしょうか。

阿部サダヲさんは既婚者で、お子さんが2人います。正確な結婚した日などは分かりませんが、妻は阿部サダヲさんの元ファンで、猛アプローチを受けた結果、阿部サダヲさんがOKしたのだそう。

※写真はイメージ

また阿部サダヲさんは新宿の『伊勢丹』が好きだと公言しており、妻や子供と買い物をしているところを多くのファンによって目撃されています。バラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でMCのタモリさんにイジられることもありました。

忙しい中でもしっかりと家族サービスをする、よき夫であり、よきパパなのかもしれませんね。

阿部サダヲ・蒼井優が熱演した映画に大反響が!

阿部サダヲさんが女優の蒼井優さんとダブル主演を務めた、2017年10月公開の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が大きな反響を呼びました。

『彼女がその名を知らない鳥たち』予告

『彼女がその名を知らない鳥たち』のあらすじはこちら。

15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。

ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。

どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる――。

『彼女がその名を知らない鳥たち』オフィシャルサイト ーより引用

この作品の登場人物は誰も『ゲス』で、まるで共感ができない人ばかり。それにも関わらず、映画を見た人からは「感動した」「素晴らしい」と絶賛の声が上がっているのです。

・これは間違いなく『愛』の物語。ラストの回想シーンとそれまでのシーンの対比がすごい。

・この映画を勧めた友人も、絶賛してました。満足。

・号泣しました。見始めた時はあんまりだったけど、見てよかったと思える作品です。

阿部サダヲさんはこの作品によってブルーリボン賞を受賞しています。

阿部サダヲの現在・これからは

阿部サダヲさんは2018年10月公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演しています。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 予告

俳優として磨きがかかってきた阿部サダヲさん。これからのさらなる活躍が楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
大人計画港カヲル 『「港カヲル人間生活46周年コンサート~演奏・グループ魂~」(東京国際フォーラム)』トレーラーver.2@MINATO_KAWORU10/28(土)公開『彼女がその名を知らない鳥たち』本予告篇10/12公開!映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』予告

Share Tweet LINE

page
top