grape [グレイプ]

「早く終わってほしい」 高嶋ちさ子が世界の有名作曲家をぶった切る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、2019年1月19日に放送されたクラシック系音楽番組『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)に出演。

バラエティ番組での毒舌発言が光る高嶋さん。なんと、ベートーベン、ブラームス、チャイコフスキーといった世界の有名音楽家たちが作曲した楽曲、さらにはその人柄についても牙を向けます!

高嶋ちさ子 名曲にも相変わらずの高嶋節が炸裂!

この日の番組では「高嶋ちさ子のわがまま音楽会~粘着質な作曲家にダメ出し編」と題した、高嶋さんの持ち込み企画を実施。

高嶋さんは「クラシック界の作曲家というのはダメ男が多い」という持論を持っているそうです。今回は偉大な作曲家たちの、知られざるダメ男エピソードと、そのダメっぷりが表れている名曲が紹介されました。

高嶋さんが「粘着質なダメ男だった作曲家」として厳選したのが前述の3人、ベートーベン、ブラームス、チャイコフスキーです。

まず高島さんは、日本でもっとも知られているといっても過言ではないベートーヴェンについて、粘着質な性格が分かるこんなエピソードを紹介。

・コーヒー豆の数は1杯60粒。毎日ねちねちと数えていた。

・1人の女性にラブレターを2日で3通も書く。

なんとなく人柄が分かりますね。

ラブレターを2日で3通書いていたというエピソードを踏まえて、高嶋さんは「しつこいですよ。ベートーヴェン、いまの時代にLINEをやってたら、ハートが飛び出るスタンプをガンガン送ってたと思いますよ」と、いいたい放題!

続けて、高嶋さんはベートーヴェンの粘着質な性格は代表曲でもある「交響曲第5番『運命』第4楽章」にも表れていると語ります。

楽曲のエンディングが「とにかくねちっこい」のだとか。

これはね、「終わるのかな」って思っても終わらない。

もうね、聴いているとムチ打ちになりそうですよ。

(終わったと思ったら)あ~違った。あ~違った。

私はせっかちだから「早く終わって」って思っちゃう。

題名のない音楽会 ーより引用

高嶋さんがせっかちなのは有名です。とはいえ、世界的な作曲家に対しても臆することなく、ここまでいえるのはさすがです。

この楽曲を交響楽団が演奏したものを聴くと、確かに終わるタイミングがいまいち分からない部分も。

高嶋さんは30秒近くあるエンディングを、10秒にカットしてアレンジしたバージョンを提案。

高嶋さんの提案した「ズバッと男風エンディング」バージョンも実際に演奏されました。

すると、指揮者の原田慶太楼氏も「気持ちがいいですね!」と、高嶋さんのアレンジに心地よさを感じていたようです。

高嶋ちさ子「チャイコフスキーもダメ男!」毒舌発言は止まらない

また、ブラームスについても「恩師の妻に何十年もラブレターを送り続ける」「交響曲を作るのに21年もかけた」といったエピソードを紹介。

そのうえで、「ベートーベンの後継者。粘着質なところも後継しちゃったんですよ。これがいけないんです」と切り捨てていました。

最後にチャイコフスキーについては「14年間も貢がせる。総額およそ1億円」「(貢がせてくれた人と)縁が切れたら今度は死ぬまで逆恨み」とエピソードを紹介。

このようにその人柄に辛口な意見をぶつけています。

このかたも十分ダメ男。金の切れ目が縁の切れ目ですよ。

その恨みつらみが出てきちゃうんです。

題名のない音楽会 ーより引用

もはや高嶋さんが恐れるものはないのかもしれません…。

高嶋ちさ子のアレンジは的確! 視聴者からは納得の声も

・天才的な芸術家はやっぱり普通の人とネジが2、3本違うのかな。

・現代でいえば、ダメ男ですね。特にチャイコフスキー!

・作曲家の知られざるエピソード面白いですね。

・高嶋さんはあえて誇張して話している部分もあると思うけど、見ごたえがありました。

・いってることはキツいけど、アレンジは的確だったと感じた。

視聴者の反応を見る限り、今回の放送は好評だったようです。

「高嶋さんが世界的作曲家をぶった切るシリーズ」の続編を期待したいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
題名のない音楽会

Share Tweet LINE コメント

page
top