grape [グレイプ]

剛力彩芽に痛烈なダメ出し 高嶋ちさ子の指摘に、視聴者「共感した」「メモった」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

・名言いただきました。

・共感しっ放し。

・心に留めておきます。

主に女性を中心に、そんな絶賛と共感の声がバイオリニストの高嶋ちさ子さんに対して寄せられています。

剛力彩芽さんに放った強烈な指摘

話題となっているのは、2020年1月2日放送のバラエティ番組『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)での高嶋さんの発言。

この日の放送では、スペシャルゲストとして登場した俳優の剛力彩芽さんが高嶋さんに対して人生相談をする展開に。

会話の中で、剛力さんが「異性から『お前』と呼ばれるとキュンとするタイプ」と明かすと、すかさず高嶋さんは「占い師より当たる」として持論を口にしました。

男にお前っていわれてキュンとする人は幸せになれない。

しゃべくり007 ーより引用

さらに、高嶋さんはそう語る理由についても説明しています。

そうやって男に蔑まれて「私、お前って呼ばれた」って好きになっちゃうような女ってね、どうしても男で失敗する。

しゃべくり007 ーより引用

高嶋さんが番組MCを務める名倉潤さんに「奥さんに(お前って)いわないですよね?」と同意を求めると、名倉さんも「絶対にいわない」ときっぱり。

妻であり、タレントの渡辺満里奈さんとの仲睦まじい様子がたびたび話題になる名倉さんの意見もあり、より説得力が増します。

【ネットの声】

・これは間違いない。関係性うんぬんより人を『お前』って呼べちゃう神経が無理。

・『お前』呼びの法則は、真理としか思えない。

・めちゃくちゃ同意した。

現代では、同等ないし目下の人を指す時に使われる『お前』という言葉。そこに相手からのリスペクトを感じられるかというと難しいところです。

そう考えると、高嶋さんの持論は、女性が男性を『お前』と呼ぶ場合にも当てはまることでしょう。

大切なのはお互いに思いやりを持って接すること。相手の呼び方は、2人の関係性がよく現れているポイントの1つなのかもしれません。

高嶋さんの痛烈な指摘は、剛力さんだけでなく多くの視聴者の心にも刺さったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
しゃべくり007

Share Tweet LINE コメント

page
top