grape [グレイプ]

お金を払わずに顔パスでラーメンを注文! 顔認証つきラーメン屋が登場

By - 土屋 夏彦  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送で「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターなどを務め、現在はBayFMでITコメンテーターとしても出演中の土屋夏彦が、最近のIT・科学・経済のニュースを独自の目線で切り取ります。

常連さん急増!?顔パスでラーメンが食べられる!?

なんと、AIによる顔認証(顔パス)だけで注文できちゃうラーメン店が現れました!

『すごい煮干ラーメン凪』を運営する株式会社凪スピリッツは、2019年1月にオープンしたラーメン凪・田町店に、エクスウェア株式会社が提供するipadで顔認証を行い、フリーパスでラーメンを食べられる『顔パスシステム』を導入したと発表しました。

顔パス登録をするには、お店の中に設置された『iPad』でニックネーム、生年月日、電話番号のほか、顔の角度を変えた3枚の写真を登録すればOK。1か月8千円、3か月2万2千円、または時間限定(午後2時~午後10時まで)の1万5千円コースの3つから選び、期間中はお好きなラーメンが食べ放題となるそうです。ちなみに当初は100名限定で1年間2万円というコースもあったそうなのですが、あっという間に完売したようです。

プレスリリースによれば、店舗にとって『常連客』はなにより大切なお客様であり、『常連客』に対してどういったおもてなしをしていくかが経営の重要な要素になります。

例えば常連客から「大将、いつもの!」といわれたとき、これまでは「玉子、サービスしとくよ!」とお客様に合わせた特定サービスを常日頃心がけてこられましたが、店舗の拡大とともに店主が常連客をすべて把握することは難しくなります。そこで、AIを使った顔認証注文システムを活用すればお客様に再び『常連』『VIP』感を味わってもらうことができるのではないかと考えたそうです。

今回の『顔パスシステム』は今後ほかの『すごい煮干ラーメン凪』店舗にも拡大させていくそうで、ラーメンが1杯約1000円と考えれば、1か月8回以上食べられればもとが取れるということになります。これをきっかけに、こうした顔パス食べ放題のお店も増えていきそうですね。

そんな中、『顔』すらも必要なくなるかもしれないという技術も誕生しています。

これまでも、人の歩き方で個人を特定する『歩容(ほよう)認証』など、個人を特定する技術は、世界各国さまざまな研究がされていますが、今回日本電気株式会社(以下NEC)は、顔や体の一部が見えなかったり、後ろ向きや横向きの画像だったりした場合でも、その人物の全身像と照合できる『人物照合技術』を開発したと発表しました。

これまでの顔認証技術では、顔が見えないカメラ映像になると照合できないケースが多かったわけですが、今回開発された『人物照合技術』では、NECの独自の映像解析技術とAIによる深層学習技術によって、カメラに映らない部分をAIが補完して、顔画像のみに頼らない高精度な技術を確立し、顔画像がなくても照合率を9割にまで高めることに成功したということです。

実験映像では、歩行者を遠くから撮影していて、後ろ向きでも前向きでも人物照合ができることを紹介していて、これによって、人や遮蔽物が多いショッピングモールなどの大規模施設内の警備支援や、顔認証技術との組み合わせによる迷子などの人物捜索サービスなどへの応用が期待できるとのことです。

NECは、顔認証・指紋認証など世界トップクラスのバイオメトリクス認証技術を有しており、本技術も『NEC Safer Cities』の各ソリューションで世界No.1の認証精度を誇る顔認証AIエンジン『NeoFace』を採用した商品群やNEC 映像分析基盤などとともに2019年から世界に向けて順次提供していく予定とのことで、日本の人物照合技術も世界に負けずに活躍が楽しみです。


[文・構成/土屋夏彦]

土屋夏彦

上智大学理工学部電気電子工学科卒業。 1980年ニッポン放送入社。「三宅裕司のヤングパラダイス」「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターを務める傍ら、「十回クイズ」「恐怖のやっちゃん」「究極の選択」などベストセラーも生み出す。2002年ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)に転職。コンテンツ担当ジェネラルプロデューサーとして衛星放送 「ソネットチャンネル749」(現アジアドラマチックTV★So-net)で韓国ドラマブームを仕掛け、オンライン育成キャラ「Livly Island」では日本初の女性向けオンラインで100万人突破、2010年以降はエグゼクティブプロデューサー・リサーチャーとして新規事業調査を中心に活動。2015年早期退職を機にフリーランス。記事を寄稿する傍ら、BayFMでITコメンテーターとしても出演中、ラジオに22年、ネットに10年以上、ソーシャルメディア作りに携わるメディアクリエイター。

出典
エクスウェア株式会社すごい煮干ラーメン凪プレスリリースNECプレスリリース

Share Tweet LINE コメント

page
top