grape [グレイプ]

『多発性骨髄腫』で旅立った父 娘が覚えている「印象的だった言葉」に、涙

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

タレントの優木瑛美さんが、父親を看取ったことをブログに報告。最後の瞬間を自宅で迎えさせたことについて、想いをつづりました。

大好きな父親の最期

80代と高齢なため、さまざまな持病を持っていた優木さんの父親。2018年7月には、血液のがんである『多発性骨髄腫』と診断された後、運悪く脳梗塞も発症してしまいました。

脳梗塞から回復したものの、父親は高次脳機能障がいが残り認知機能が低下。そんな状況でもつらい抗がん剤治療を続けてきたのですが、優木さんと母親は「本人にとって最善なこと」を改めて考え、治療を停止することにしたそうです。

訪問看護やリハビリを頼み、1人娘の優木さんは実家で父親と残り少ない日々を過ごしていました。

父親の言葉と家族の想い

治療を止めた日に「ありがとうな〜、もうバイバイや」といった父親は、自分の運命を受け入れたのか積極的に自力で動くことを止め、日増しに弱っていきました。

その様子を見ながら、優木さんは父親を看取る覚悟を決めます。

もしかしたらもう数日しか一緒にいれないかも知れないけど、私は父上の子供で本当に本当に幸せでした。

何もしてやれなくてごめんね…

最期は笑顔でお見送り出来るように頑張るね!!

年内は持たないと言われてから数ヶ月。
治療を頑張ってくれて、一緒に過ごせる時間を長く作ってくれてありがとう!

優木瑛美オフィシャルブログ ーより引用

大切な人を失う悲しさを消し去ることはできません。

しかし、優木さんは自分の気持ちより父親の幸せを願っていました。

もっと先だと信じたかった
もっともっと一緒にいたかった
また家族でお出かけしたかった

でも、父上の大切な先に逝ってしまった兄弟に久しぶりに会えるから私達は我慢するよ!!

優木瑛美オフィシャルブログ ーより引用

2019年3月になると、父親は自分のことも娘のことも分からなくなっていました。父親が「私はあなたの何でしょう」というしぐさをするので、優木さんが「私はあなたの娘で、あなたはお父さんだよ」と伝えると…。

「目、大きいね」

※写真はイメージ

身振りと聞き取れるかどうかくらいの声で、父親はそう優木さんに伝えたそうです。

愛おしさがこみ上げ、「この時間が願うならずっと続いて欲しい」と思った優木さん。母親にも話して一緒に泣くと、「最期まで側にいたい」との想いから自宅で父親を看取ることに決めました。

出典
優木瑛美オフィシャルブログ父上と家族の闘病blog

Share Tweet LINE コメント

page
top