grape [グレイプ]

『ルパン三世』の作者モンキー・パンチが逝去 「ショックすぎる」「残念です」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年4月17日、大人気漫画『ルパン三世』の作者であるモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが、2019年4月11日に肺炎のためこの世を去ったことが分かりました。

産経ニュースによると、告別式は近親者で行われ、後日『しのぶ会』を開く予定だそうです。

モンキー・パンチの訃報に悲しみの声

アルセーヌ・ルパンの孫が主人公の『ルパン三世』は、原作の漫画だけでなく、アニメや映画も多数作られる人気作。

1967年から漫画の連載が始まり、1971年にはアニメの第1作目がスタートしました。

約半世紀続いている『ルパン三世』の作者が亡くなったことに、ネット上では悲しみの声が上がっています。

・たくさんのファンの心を盗んでくれて、ありがとうございました。

・ルパンのような大人になりたいと思っていました。残念です。

・緑のジャケットのルパンを見ていました。当時は衝撃を受けました。

・ショックすぎて言葉が出ない。

・原作の雰囲気が大好きでした。ご冥福をお祈りいたします。

モンキー・パンチさんへの哀悼の意を込めて、『金曜ロードSHOW!』では放送作品のラインナップを変更し、同月19日に劇場版第1作目の『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を放送します。

大人から子どもまで長年愛されてきた『ルパン三世』を生み出してくれたモンキー・パンチさん。心よりご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kinro_ntv

Share Tweet LINE コメント

page
top