grape [グレイプ] entertainment

佐藤楓が今、人気急上昇している理由は? 「ロボットみたい」といわれる理由が面白い

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

アイドルグループ『乃木坂46』のメンバーとして活躍している佐藤楓(さとうかえで)さん。

同グループの3期生として活動しており、そのかわいさはもちろん、明るいキャラクターでも多くの人から支持されています。

そんな佐藤楓さんの活躍や、明かされた素顔、握手会の対応の評判についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

佐藤楓に「かわいい!」の声が続出中

佐藤楓さんは乃木坂46のツイッターにたびたび登場しており、その姿を披露しています。

そのかわいさにメロメロになってしまうファンも多く、「マジでかわいい」「最高!ずっと見ていられる」といったコメントがたくさん寄せられました。

佐藤楓ってどんな人? 棒読みが話題に

魅力的な佐藤楓さんですが、どのような素顔を持つ人物なのでしょうか。

佐藤楓さんはファンの間で、コメントや言葉が『棒読み』になってしまうことで知られています。

本人に自覚はないそうなのですが、感情の起伏が言葉に乗らず「まるでロボットのようだ」とイジられることも。

2018年7月22日放送の乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、同じく3期生である梅澤美波さんが佐藤楓さんの棒読みをものまねし、爆笑をさらいました。

この日は、「乃木坂46メンバーの細か~いものまね大賞」という企画が放送され、乃木坂46のメンバーが、ほかのメンバーのものまねを次々と披露します。

そんな中、梅澤美波さんは「感情の起伏が平坦すぎて、棒読みになってしまう佐藤楓」と題し、佐藤楓さんのものまねをしました。

まず、相手役である山下美月さんが「今日、でんちゃん(佐藤楓さん)が好きな崎陽軒のシュウマイ弁当だって!」と声をかけると、梅澤美波さんはこう答えます。

マジ? ソレ、ウチ、メッチャスキ。

乃木坂工事中 ーより引用

その後、梅澤美波さんはコップを倒して水をこぼしてしまいます。すると梅澤美波さんは「ヤラカシタ、ヤラカシタ」と佐藤楓さんの口調を真似しながらコメント。

このものまねはかなり好評だったようで、特に3期生は大爆笑していました。

番組MCのバナナマン・設楽統(したらおさむ)さんが「感情が乗らないの?」と質問すると、佐藤楓さんは「ソウラシイデス」と返答。

その言葉がまた棒読みのように聞こえ、さらに笑いを誘っていました。

この棒読みは本人も時々ネタとして使っており、ブログの題名で「サイキン、トッテモアツイデスネ」と書き、ファンから「出た!棒読み!」とのコメントが多数寄せられています。

佐藤楓の握手会の対応ぶりに「最高」の声

そんな佐藤楓さんですが、握手会では棒読みではなく、とても対応がいいと評判です。

アイドルの握手会では、時々、冷たい対応をされてしまって「がっかりしてしまった」という声が聞かれます。

しかし、佐藤楓さんはそういったことはなく、ファンからは「握手会に行けば必ずファンになる」と太鼓判を押されるほど。

ネットに上がっている、佐藤楓さんの握手会に参加した人のコメントがこちら。

・握手会ではいつも楽しませてもらっています。本当にありがとう。これからも応援します!

・前々から気になってましたが、実際に握手会に行ったらドハマり。佐藤楓さんに出会えてよかった。

・でんちゃん、対応が神すぎる。ファンじゃなくても、ぜひ握手会に行ってみてほしい。

佐藤楓の現在・これからは

佐藤楓さんは、乃木坂46から卒業した斉藤優里さんの後任として、2019年6月から教養番組『乃木坂46えいご』(TBSテレビ系)のレギュラーを務めます。

また、2019年5月にリリースされた乃木坂46の23rdシングル『Sing Out!』の握手会のために各地を回り、ファンとの交流を楽しむ予定です。

これから、人気がどんどん加速していきそうな佐藤楓さん。さらなる活躍が楽しみですね!

佐藤楓 プロフィール

生年月日:1998年3月23日

出身地:愛知県

血液型:A型

身長:161cm

所属事務所:乃木坂46合同会社

2016年に乃木坂46の3期生オーディションに参加し、合格。アイドルとして活動をスタートした。徐々に人気を集め、2017年には初の冠番組である『乃木坂46佐藤楓の世界バドミントンが46倍楽しくなるTV』(テレビ朝日系)が放送。2019年4月にはファッションブランド『GRL(グレイル)』のモデルに起用されるなど、幅広い活躍を見せている。


[文・構成/grape編集部]

出典
乃木坂46オフィシャルサイト@nogizaka46乃木坂工事中@tbschnogieigo

Share Tweet LINE コメント

page
top