grape [グレイプ]

田口容疑者の『土下座謝罪』にネット上で批判 加藤浩次の意見に、共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年5月22日に大麻取締法違反の疑いで逮捕された、アイドルグループ『KAT-TUN』の元メンバーであり、歌手の田口淳之介容疑者。

産経ニュースによると、田口容疑者は同年6月7日に警視庁東京湾岸署から保釈されました。

保釈の際に、田口容疑者は正面玄関を出たところで、約20秒にわたり地面に額を付けて土下座し、謝罪。

土下座という謝罪のしかたに対し、世間では「大げさ」「パフォーマンスに見えた」「謝罪の気持ちは伝わる」といった、賛否の声が上がっています。

加藤浩次「彼がこれを選んで、今後どうするかということ」

同月10日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、田口容疑者の保釈について報道。

土下座による謝罪に関して、番組のMCを務める加藤浩次さんは、次のような意見を語りました。

ただ、この謝罪の形っていうのは彼が選んだことだから。誰もやらしたわけじゃないと思うんですよね。

で、彼が選んだこの形っていうのは賛否あっていいと思う。でもそこに結論ってないと思うんだよね。自分がどう思うかって。

彼がこれを選んで、これをやってるっていう事実だけ。これ「土下座やりすぎだろ」とか「見てて切なくなったわ」「こんなパフォーマンスするんじゃねえよ」とか、いろんな意見あると思う。

でもその意見ってあんまり意味がなくて。彼がこれを選んで、今後どうするかということなんだよね。

スッキリ ーより引用

加藤さんは、賛否が巻き起こった謝罪のしかたに対して「あれこれと周囲がいうことに意味はない」とバッサリ。

「謝罪の形よりも、田口容疑者の今後に目を向けたい」という加藤さんのコメントに、視聴者からは共感の声が上がっています。

【ネットの声】

・本当に加藤さんのいう通りでしかない。

・そうだよね。目を向けるべきは、今後の活動だと思う。

・あの土下座は田口容疑者が、あの場でできる最大の謝罪だったんだと思う。

世間に対して謝罪し「大麻などの違法薬物や犯罪には手を染めないと誓う」と宣言した田口容疑者。今後、その言葉に見合った誠意ある行動が望まれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top