grape [グレイプ]

中止予定だった『総踊り』を踊り手が強行 市と踊り手の対立に、加藤浩次が本音をぽつり

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

徳島県徳島市で、毎年8月12日~15日の4日間行われる、夏祭りの『阿波踊り』。

中でも終演間近に千人以上の踊り手たちが一か所に集まり、一斉に演舞する『総踊り』は人気を集めています。

※写真はイメージ

しかし、2018年3月に夏祭りの旧主催者である徳島市観光協会は、累積赤字問題により破産手続きを開始。『阿波おどり実行委員会』は徳島市が引き継ぐことになりました。

遠藤彰良市長率いる新体制の実行委員会は、総踊りが行われる1か所に集中しやすい観客を、各会場に分散させて集客を得る目的を持って、2018年の総踊りを中止する旨を発表。

中止の報に対し、踊り手団体たちからは強い反発の声が上がっていました。

踊り手団体が『総踊り』を強行

産経ニュースによると、総踊りの中止に反発していた14組の踊り手グループが所属する『阿波おどり振興協会』は、13日の夜に開催された夏祭りで、総踊りを強行。

大勢の観客が見守る中、制止する市職員に応じることなく、踊りを披露しました。

徳島市の総踊りに関する実行委員会と振興協会の対立に、さまざまな著名人が見解を述べています。極楽とんぼの加藤浩次さんもその1人です。

情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で番組MCを務める加藤さんは、翌14日に放送された番組内で、「徳島市側と踊っている人が対立しているお祭りに、行きたいという人は減ると思う」と本音をぽつり。

経費や売り上げ、踊り手たちの体力などを考え、「物理的には難しいのかもしれない」と前置きした上で、次のような意見を述べています。

僕は、警備費やらがどのくらいかかるか分からないでいうのはあれなんですけど、総踊りの回数を増やしたほうがお客さん増えるんじゃないのって、俺は思っちゃう。止めさせるよりは。

スッキリ ーより引用

総踊りを中止するのではなく、回数を増やすことを提案した加藤さん。総踊りにまつわる実行委員会と振興協会の対立に対し、ネットではさまざまな声が上がっています。

【市の実行委員会をかばう声】

・踊り手が市の決めたルールを無視して、総踊りを強行するのは違うんじゃないか。

・赤字問題をどうにかしようとした手段の1つが総踊りの中止だったわけで、市が悪いとはいい切れないと思う。

【踊り手側の振興協会をかばう声】

・ずっと総踊りのために1年以上かけて準備してきた踊り手側からしたら、急に「中止」といわれても、納得いかないだろうな。

・踊り手たちが本当に嬉しそうに総踊りを楽しむ姿が、TV画面からも伝わってきた。総踊りの強行には大きな意味があったと思う。

【中立の声】

・どちらが悪いとかではなく、ギスギスと対立している様子は見たくない。せっかくの素晴らしい文化が台無しな気がする。

・阿波踊り自体は本当に素晴らしいので、今後どうやって運営していくか、納得いくようにちゃんと話し合うべきだと思う。

賛否両論を巻き起こした、総踊りにまつわる市と踊り手の対立。

解決しなくてはならない問題はたくさんありますが、地域住民にとって大切な一大イベントである夏祭りを「素晴らしいものにしたい」という思いは、みんな同じなのではないでしょうか。

市と踊り手側が一丸となって、夏祭りを盛り上げる姿が見られる日を、多くの人が望んでいます。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ産経ニュース

Share Tweet LINE

page
top