grape [グレイプ]

NGT48メンバーが運営に怒りの反論 対する加藤浩次の『発言』に、反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年12月に受けた暴行被害を明かし、世間の注目を集めているアイドルグループ『NGT48』の山口真帆さん。

山口さんが2019年1月にTwitterで明かした被害は、次のような内容でした。

私は先月公演終わり、帰宅時に男2人に襲われました。

あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかしていました。

※当時の投稿より引用(原文ママ)。現在は削除済み。

その後の報道によると、山口さんの自宅に押し掛けた2人の男性が暴行の疑いで逮捕され、不起訴処分になっていたといいます。

ネットでは暴行事件に関する『メンバーの関与』について疑惑が広がっています。

AKSの調査報告書説明会に対し、山口真帆が怒りの反論

同年3月21日、運営会社のAKSは同事件に対する第三者委員会の調査結果を公式サイトで発表し、「私的領域におけるファンとのつながりがあるメンバーがいたこと」を明らかにしました。

さらにAKSは、22日に新潟市内で説明会を行い、第三者委員会による調査報告書の結果を口頭で説明しました。

説明会で、「暴行事件に関するメンバーの関与はなかった」と公表したAKS役員。会見の最中に、山口さんはTwitterを通して反論をします。

山口さんは、自分が前もって聞いていた内容と、会見を行ったAKS役員の発言に食い違いがあることを指摘。

続けて1月10日の公演中に行われた謝罪がAKS役員から要求されたものあり、自らの意思ではなかったことをツイートします。

山口さんは、AKS役員から話すよう要求された謝罪の文章をネット上に公開し、「何でウソばかりつくのか、本当に悲しい」と憤りを見せています。

会見中に山口さんは、AKSに対する不信感をあらわにした内容の投稿をTwitterで5回更新。ネット上では山口さんを擁護する声や、運営側を批判する声が上がっています。

AKSの調査報告書説明会に対し、加藤浩次が持論

25日、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、一連の騒動におけるAKSの対処について特集。

MCを務める加藤浩次さんは、山口さんが会見中に投稿した次のツイートに注目します。

山口さんの「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいる」という主張に対し、加藤さんは「これは僕の推論です」と前置きし、次のような自身の考えを明かしました。

この前段階として、ファンとつながっているメンバーっていうのがいて、そのメンバーをよく思ってなかった山口さんに対して、その男たちを使って「おい、お前そんなこというんじゃないよ」と。 「怖い目にあわせるぞ」みたいなのが、ことの発端なわけでしょ。

じゃこのグループ全体の中で、ファンとそういった交際している人が何人もいるのか、ということを僕は疑ってしまう。

じゃ、そこをクリアにしないことには、この問題は明らかにならないと思う。

スッキリ ーより引用

加藤さんは、「メンバーは関係ない」と主張するAKSの対応に疑問を呈し、続けて「仮にファンと交際していたメンバーがいたとしたら、(『AKB48』グループのアイドルが)交際しないというルールがある以上、解雇されるべき」と訴えました。

交際しているメンバーを隠して、「そういったものはありませんよ我々は」「今回の件はメンバーは一切関わらずに、男たちが勝手にやったことなんですよ」という風なニュアンスで、終わらせようとしているだけなんじゃないの、って僕は思ってしまうんだけど。

スッキリ ーより引用

加藤さんの意見に対し、ネット上では「素晴らしい!」といった称賛の声が相次いでいます。

・加藤さんが根本的なおかしさをズバッとついてくれて、すっきりした。

・本当にその通り。つながりのあるメンバーを事件と無関係というのはおかしい。

・誰も納得できない会見だった。とにかく被害者である山口さんを守ってあげてほしい。

AKSと山口さんとの間で生じている認識のズレにより、複雑化している今回の騒動。

何よりもまずは被害にあった山口さんの心のケアを優先に、事態が正しい形で決着することが望まれています。

【お詫びと訂正 2019年3月25日18時45分】

記事中、運営会社の表記に誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ@maho_yamaguchi

Share Tweet LINE コメント

page
top