grape [グレイプ]

吉本興業の会見を見て「熱いものを感じなかった」 加藤浩次が会長と話し合い

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

数年前に特殊詐欺グループが主催する会合に出席した『闇営業』が発覚し、所属する吉本興業から契約解除された『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんと、謹慎処分になった『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さん。

2019年7月20日に2人は独断で記者会見を行い、一連の騒動について謝罪。騒動の経緯や吉本興業から受けた『圧力』についてすべてを告白しました。

この会見を受けて、同月22日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCの加藤浩次さんは怒りを感じたことを明かします。

さらに、タレントが上層部から『圧力』をかけられることを恐れていると明かし、「吉本興業の体制が変わらないのであれば、会社を辞める」と発言しました。

加藤浩次「熱いものを感じなかった」

同日の夕方に吉本興業の岡本昭彦社長が緊急記者会見を開催。

契約解除を撤回し、宮迫さんが明かした「テープは回していないだろうな」「会見するなら全員クビ」といった発言については、「場を和ませるための冗談のつもりだった」と発言しました。

また、引責辞任は否定し、大崎洋会長と岡本社長は1年間50%の減俸となることを発表。

翌23日に放送された『スッキリ』では、岡本社長の記者会見を特集。加藤さんは、同日に会長と話し合ってくることを明かしました。

昨日、話し合いをしようと思っていたんですけど、あの会見が長くなってしまって時間がなかったんで、今日、夕方から大崎会長と僕は話し合ってくることになっているんですけど。

僕は取締役が変わらない限り、会社を辞めるということはいったんで、その旨を伝えようと思っています。

スッキリ ーより引用

岡本社長の記者会見を見て、納得のいく発言や熱意というものが感じられなかったという加藤さん。

「辞める」と発言した気持ちに、変わりはないのかもしれません。

僕は会見を注視していたんですけれど、熱いものも感じなかったですし、そこで沸き上がってくる「やっぱり辞めるなんていって悪かった。会社をなんとかしたい。もっとみんなで話し合って」って、僕の気持ちとしてはまったくならなくて。

今日はずーっと冷めている状態なんですよ。「こういうことか、やっぱり僕がいったことは間違ってなかった」って確信に変わっただけで、そこの部分は難しくなってしまうんですよね、気持ち的に。

スッキリ ーより引用

加藤さんと大崎会長の間で、どのような話し合いが行われるのでしょうか。話し合いの結果次第では、多くのタレントが決断を迫られる可能性もあるかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top