grape [グレイプ] entertainment

加藤浩次、クレーマーをバッサリ! 「惚れそうになった」「よくいってくれた」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月7日に放送された、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)によって従業員へのクレームが増えたことを取り上げました。

従業員に暴言などを吐く、『カスタマーハラスメント(通称カスハラ)』は、スーパーマーケットやドラッグストアで増えているといいます。

※写真はイメージ

コロナ禍で増えたカスハラは大きく分けて2つです。

1つは、レジ前のビニールシートなどにクレームをつける、感染対策に対していら立ちをぶつけるカスハラ。もう1つは、レジで「商品を汚い手で触るんじゃねえ」と怒鳴られるなどの、コロナウイルスへの過剰な不安から来るカスハラです。

街頭インタビューでも、接客業をしている人たちから実際に「理不尽なクレームが増えた」という声が上がっていました。

加藤浩次「クレーマーは従業員を自分より下だと思ってる」

この件に対し、コメンテーターで俳優の小澤征悦さんは、「自分勝手な人間としか思えない。自分はコロナウイルスにはかからないと思っているんじゃないですか」とコメント。

スタジオでは、説得しても伝わらない人たちなのではないかという声が上がりました。

MCの加藤浩次さんは、クレームを付ける人は「従業員を見下している人が多いのでは」と持論を展開。

根底にそういうサービス業をされている従業員の方などを自分より下だという目線がまずあるんでしょうね。いろいろやっていただいているっていう気持ちがカケラもないんでしょうね。

スッキリ ーより引用

また、そのようなカスハラをする人に対して、店員側は強気の姿勢をとってもいいとコメントしました。

こういうビニール邪魔だ!バーン!ってやったりとかする人はもうお客じゃないという判断を下していいような気がするんだけど。

それでお客さん減るとかって絶対なくて、断固たる態度をとったらちゃんとしたお客さんが逆に来やすくなるんじゃないかと思うんですよね。

スッキリ ーより引用

また、制服を着た警備員を配置する考えも提案し、「現場の人が対応するっていうのはほかの仕事もありますし、大変だよ。こんなクレーマーを相手にしている時間はない」と、クレームを受ける従業員を労わりました。

視聴者からは、加藤さんの意見に共感の声が上がっています。

・加藤さんが従業員の気持ちを代弁してくれて惚れそうになった。

・「そんな人はお客さんじゃない!」といってくれたことでスッキリした。また仕事を頑張れそう。

・よくいってくれた!心が少し救われました。

・心が軽くなりました。加藤さんいいこといってくれるな…。

毎日たくさんの客と接する従業員は、コロナウイルスの感染リスクも高いことでしょう。

どんな状況下でも働いて、私たちの生活を支えてくれていることに感謝の気持ちを忘れたくはないですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top