grape [グレイプ]

【独占インタビュー第2弾】龍玄とし(Toshl)、羽生結弦との秘話を語る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本を代表するアーティストの龍玄とし(Toshl)さん。美しくも圧倒的な歌声で、多くの名曲を残してきました。

1992年にソロデビューして27年、龍玄としさんは新たに名曲をアートで表現することに挑戦し、初の個展を開催。

grape編集部は、龍玄としさんの個展に行ってインタビューをしました!

前回は、フィギュアスケートの羽生結弦選手との交流やアートへの想いを語ってくれた龍玄としさん。

今回は、バラエティ番組やSNSへの想い、羽生選手との秘話の続きをご紹介します!

龍玄とし「バラエティ番組は嬉しいし、楽しい!」

近年では、歌手活動だけでなく、バラエティ番組にも引っ張りだこな龍玄としさん。

力強い歌声や、ビジュアルに反して『甘いものが好き』というギャップやクイズ番組での活躍で視聴者から愛されています。

バラエティ番組に出ることについて質問すると、このように語ってくれました。

バラエティ番組に出ることは、嬉しいし、楽しいです。

共演者の方々やスタッフの皆さんの、人を笑顔にする、楽しませるというプロフェッショナルな仕事に感銘を受けます。

初めのころは「恥ずかしい」とか「カッコ悪い」とか、そんな気持ちもありました。

ですが、テレビには映らない裏方の、カメラ、音響や照明のアシスタントさんたちが汗だくで一生懸命に働く姿を拝見し、「自分をすごく見せようと虚勢を張ったり、偉そうにしたりなんかしてられないな」という心境になり、自分が恥ずかしくなるような思いでした。

そんな方々を見て、やるからには、一緒に番組作りに参加させていただく一員として自分なりにベストを尽くし、そして、「思いっきり楽しもう!」と思うようになりました。

―バラエティ界の新星ともいわれているがどう思う?

そんなこといわれてましたか?新星ではないと思いますが(笑)。

ただ、出演させていただくからには、見てくださる皆さんにも、また起用してくださったスタッフの方々にも、喜んでいただけるようにしたいと思っています。

テレビ番組だけでなく、TVコマーシャルなどにも起用していただいて、いわゆる『企業の顔』『商品の顔』という立場になるとは本当に夢みたいな話です。

期待していただけるなら、それを上回るような結果でお返ししたいという意気込みはあります。

ビートたけしとの忘れられないエピソード

これまで出演した数々のバラエティ番組のなかでも、2018年放送の『平成教育委員会』(フジテレビ系)では憧れのビートたけしと共演し、忘れられない経験になったといいます。

『平成教育委員会』に出演させていただいた時に、たけしさんの目の前で番組のエンディングテーマをギターの弾き語りで歌わせていただきました。

たけしさんとの初対面で、ものすごく感激して、緊張して、思わず力が入りすぎて弾いていたギターのピックが折れてしまったんです。

歌い終わった瞬間、その折れたピックをたけしさんがすかさず拾って「よし持って帰ろう」って笑いに変えて、最後にボソっと「すごい声がよく出るんだな〜」と独り言のようにいってくださった。

テレビ番組に出演してきて、一番嬉しかったともいえる瞬間でした。

ピックが折れるハプニングも、たけしさんは笑いに変え、憧れの人に自分の歌声を感心してもらえたことが嬉しかったといいます。

龍玄としさんは、中学生のころからたけしさんを尊敬しており『いろいろなことに挑戦し、自己表現をする』という生きかたに共感。

初めて本格的に描くという個展の絵も、たけしさんの生きかたが影響していました。

シャイだった性格

多くのTV番組に出演してきた龍玄としさん。実は、幼少時からシャイな性格だといいます。人付き合いについて聞いてみると…。

いまでもシャイというか、基本的にあまり人付き合いはしません。

ですが、ここ数年、テレビ番組に出演させていただくようになってからは、「この方には会いたい…」と思う方は、ご縁があれば共演後も直接お会いする機会を作ります。

例えば、滝沢秀明さんや村上信五さんはお話ししていても楽しくてクレバー、真面目で勉強家、誠実で純粋、礼儀正しくてリスペクトフル。そんな素敵な方々のお話し聴かせていただく中で、学ばせていただくことや刺激をいただくことも多いです。

今回の個展にも、そんな心を通わすご縁のあった大切な方々…濱口優さんやカズレーザーさん、手越祐也さんもお忙しい中、絵を見に来てくださいました。

また、くっきー!さんには、絵を描くにあたって大事なアドバイスもいただき、背中を押していただきました。そんな心ある友人にも本当に感謝しています。

龍玄としさんは、自分よりも若い多岐にわたる芸能人の方からも慕われ、刺激をもらっているといいます。

出典
toshl_officia龍玄としオフィシャル・ブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top