grape [グレイプ]

相方・渡部の不祥事で『仕事ゼロ』を覚悟したアンジャ児嶋 妻のひと言に、胸打たれる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年10月25日、お笑いタレントである土田晃之さんが司会を務めるラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)のゲストとして、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の児嶋一哉さんが出演。

そこで語られた妻とのやり取りに、称賛の声が集まっています。

アンジャ児嶋 妻のひと言に「かっこいいなと思った」

ゲストの児嶋さんがリスナーの人生相談に乗るというテーマで進行された同番組。

お金に困っているというリスナーから「おすすめの貧乏メシを教えてほしい」といわれた児嶋さんは、「売れていない頃に何日かしのいだ」というコンビニの商品を紹介していました。

「そんな時期あった?」という土田さんの質問に対し、児嶋さんは「お金のない時期はめちゃくちゃあった」と、お笑いタレントを始めて10年ほど借金をしていたことを告白。

1993年に『アンジャッシュ』を結成後、お笑い番組『爆笑オンエアバトル』(NHK)で優勝した2003年以降から仕事が舞い込み始めたという児嶋さんですが、それ以前はネタ作りを理由にバイトなども一切していなかったそうです。

そんな時に支えてくれたのが、当時から交際していた妻だったとか。児嶋さんは、お笑いコンビで売れる前の状況をこう明かしました。

消費者金融には2人とももうパンパンにお金を借りてて。300万近くかな。だからお金ないくせに俺バイクに乗ってたりとか、パソコン買ったりとかもうね…ちょっとおかしかったの、金銭感覚が。

土田晃之 日曜のへそ ーより引用

妻と2人で総額300万円の借金をしながらも、高額な買い物をしていたという児嶋さんは「金銭感覚が狂っていた」と、当時の行動を反省していました。

一連のエピソードを聞いた土田さんは、「稼げるようになってよかったね」と安堵。「50歳になるまでその生活だったら、奥さんに捨てられているかお笑いタレントを辞めているのでは」と問いかけると、児嶋さんは次のように語ります。

でもさ今回ね、渡部のことがあってさ。今こうやって仕事させてもらってるけど、あの瞬間はうちの家族内では「あ、終わったかもね」っていうことになったのよ。アンジャッシュ自体が。

で、俺も「全部レギュラー降ろされて…」とか想像するじゃない。

でもその時に嫁さんたくましいなと思ったのが、「また家売ってさ、カラオケ屋のバイトでもするから」っていってんのよ。

俺かっこいいなって思ってさ。それはすげぇって思った。

土田晃之 日曜のへそ ーより引用

2020年6月に発覚した相方・渡部建さんの不倫騒動で、一時は仕事がなくなることを覚悟していたという児嶋さん。

そんな児嶋さんに対し、妻は「家を売ってカラオケ屋のバイトをする」と、支える覚悟を示したというのです。

妻のひと言を聞いた児嶋さんは、「かっこいいなと思った」と惚れ直した様子でした。

ラジオを聴いていた人たちから、さまざまなコメントが寄せられています。

・相方の不祥事でつらい状況なのに、なんてポジティブ…!

・肝の座った素敵な妻ですね。これからも大切にしてあげてください。

・2人とも、これからもっと幸せになってほしい。応援しています!

きっと妻は、家を手放したり生活を一変させたりできるほど、児嶋さんをかけがえのない存在だと思っているのでしょう。

「何があっても児嶋さんを支える」という決意が伝わる妻のひと言に、多くの人が心を打たれました。


[文・構成/grape編集部]

出典
土田晃之 日曜のへそ

Share Tweet LINE コメント

page
top