grape [グレイプ] entertainment

西川貴教「起こった事象に批判だけするのは…」 続く言葉に、考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月12日、歌手の西川貴教さんがTwitterを更新。

世界初の年齢別ボディコンテスト『BEST BODY JAPAN 2020 日本大会』に出場し、50〜59歳の部門である、モデルジャパン部門ゴールドクラスで優勝したことを報告しました。

西川貴教の『力強いメッセージ』に、心打たれる

同年11月23日に、滋賀県大津市で開催された健康美・筋肉美コンテスト『BEST BODY JAPAN 滋賀大会』にも出場していた西川さん。

その際、モデル部門で準優勝だった悔しさをバネに、今回の大会に挑んだ結果、見事初出場で初優勝をすることができたのだそうです。

しかし、作り上げた肉体美が絶賛される中、「気持ち悪い」「前のほうがよかった」などといった、批判の声もあったといいます。

いまだに「どこを目指しているのか」と聞かれるという西川さんは、次のように持論を展開しました。

未だに「どこ目指してるんだ」と聞かれますが、誰かと同じ場所なんて最初から目指してません。僕だけの生き方で、僕にしか辿り着けない場所を目指しています。起こった事象に批判だけするのは、自ら誰かの人生のエキストラになってるのと同じですよね。皆んな自分だけの物語の主人公になりましょうよ。

@TMR15 ーより引用

「僕にしかたどり着けない場所を目指している」と、自身の意思を強調した西川さん。

「起こった事象に批判するのは、誰かのエキストラになっているのと同じ」と持論を述べた上で、「自分だけの物語の主人公になりましょうよ」と力強いメッセージで締めくくりました。

西川さんの投稿には、さまざまなコメントが寄せられています。

・確かに…。西川さんのツイートをスクリーンショットで保存して、物事に取り組みます。ありがとうございます。

・すごい肉体美ですね。西川さんの生き方や年齢に負けない強さ、尊敬します。

・いまだにそんなことをいわれるのですね…。批判的な意見は気にせず、西川さんらしく前に突き進んでください!

ただ他人を批判する行為は、その人の心を傷付けるばかりでなく、気付かぬうちに自分の心をもすり減らしてしまうでしょう。

現実・ネット世界は問わず、一人ひとりが相手の気持ちを推し量り、気持ちのいい交流を心がけたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@TMR15

Share Tweet LINE コメント

page
top