grape [グレイプ]

武井壮がアスリートのタトゥー問題に言及 共感相次ぐ 「正論」「モヤモヤ晴れた」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級世界王者、井岡一翔選手のタトゥー問題が議論を呼んでいます。

2020年12月31日、プロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、井岡選手が田中恒成選手を制し、2度目の防衛に成功しました。

しかし試合中、井岡選手の左腕にあるタトゥーが露出。日本ボクシングコミッションのルールに違反しているとして、問題になっているのです。

SNS上では「個人の自由ではないか」「タトゥー禁止なんて、時代錯誤がすぎる」といった声が上がる一方で「ルールなのだから仕方ない」といった意見も寄せられました。

そんな中、タレントの武井壮さんがTwitterに投稿したコメントが話題になっています。

「ルールは守るべき派」だという武井さん。タトゥーを入れることは悪くないとしながらも、日本では『刺青』というと、反社会的勢力を連想させ、「嫌悪感を持つ人がいるのは仕方のないこと」とつづっています。

武井さんの投稿に対し、さまざまな意見が上がりました。

・正論だと思う。ルールはまず守ろう。タトゥーの善悪の話をしてるのではなくて、そもそも決められたルールなんだから守らなきゃ。

・タトゥーを入れるのは個人の自由だからいいにしても、試合のルールとして禁止されてるなら、従わないといけないと思う。

・賛同します。タトゥーを入れる入れないは自由だけど欧米圏と日本では文化が違いすぎる。

・いろいろなルールや価値観を、新しくアップデートしてくのも大事だと思う。

タトゥーに寛容な欧米の文化と異なり、日本ではまだタトゥーに対して違和感や嫌悪感を持つ人も多いでしょう。

井岡選手の件をきっかけに、今後議論が進み、タトゥーに対する考え方は少しずつ変わっていくのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sosotakei

Share Tweet LINE コメント

page
top