grape [グレイプ]

恨みつらみをいってもしょうがない 松本人志、りゅうちぇるタトゥー論争に持論展開

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ダウンタウン松本人志さんが、2018年8月26日放送のバラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。

タレントのりゅうちぇるさんがタトゥーを披露したことで、世間から賛否の声が上がっています。

松本さんもタトゥーについて持論を展開しました。

松本人志のタトゥーについての考えは?

りゅうちぇるさんは自身の両肩にタトゥーを入れたことをSNSで報告(現在は投稿を削除)。

右肩には7月に誕生した長男の名前が、左肩には妻でタレントのぺこさんの本名が刻まれています。

りゅうちぇるさんがタトゥーを入れたことについては、「家族で温泉やプールに行けなくなってしまうのでは」など否定的な意見も上がっています。

この批判の声を受けて、りゅうちぇるさんは「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と語っていました。

この話題について、松本さんを含めたスタジオ出演者たちも持論を展開。

HKT48の指原莉乃さんは「ファッション的なタトゥーも最近増えているので、入れるのは別にいいと思うんですよ」とコメント。

ただ、SNSで投稿するのも自由だが、一部から批判の声が上がるのも当たり前として、こう語っています。

見せるんだったらそういう意見も受け入れて、(タトゥーを)入れるぐらいの覚悟がないと、タレントさんだし見られる人だし、応援される人だから、それはいわなくてもよかったんじゃないかなと思います。

ワイドナショー ーより引用

松本さんも同意見のようで、こうコメントしています。

自分で出すっていうことはマル、バツをつけてほしいからわざわざ写真をSNSに出してるわけで、それでバツが多かったからといって、そこで恨みつらみをいってもしょうがないよね。

だったら最初から出すなよっていう話。

でも、タトゥーを入れること自体は本当に個人の自由だから。

ワイドナショー ーより引用

タトゥーを入れること自体は個人の自由だから構わないとしながらも、否定的な意見を受け入れられないようだったら、そもそもSNSで公開などしないほうがいいとコメントした松本さん。

最近は日本でもファッション感覚でのタトゥーが増え、りゅうちぇるさんのタトゥーもそちらに属します。

しかし、もともと日本ではタトゥーは反社会的勢力のシンボルという考えかたが強くあります。

タトゥーがある人には温泉やプールの利用制限があるほどで、批判的な見かたをする人が多いのはやむを得ません。

松本人志のタトゥーについての意見に、世間の反応

・これは指原さんと松ちゃんの考えかたに同意だね。

・タトゥーに偏見を持っている人のほうが多いのでは?

・私もタトゥーには偏見を持ってしまうかな。でも、タトゥーを入れている人は、そういった声も承知の上で入れてると思ってた。

・どんなことでも批判があるのは仕方ないし、賛否両論受け入れるべきでは?

・タトゥーは一生もの。どんな意見があっても、りゅうちぇるさんは自分の信念を貫いてほしい。

ちなみに、松本さんの祖父は自分の妻ではない女性の名前をタトゥーで入れていたとのこと。それについても松本さんは「別によし」としていました。

やはり、タトゥーに対しての偏見を完全になくすのは簡単ではありません。

他人の意見に振り回されず、タトゥーを入れた意味を自分自身が理解していればそれで十分なのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top