grape [グレイプ] society

イギリス王室、女王の夫・フィリップ殿下の逝去を発表 「深い悲しみとともに」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年4月9日、イギリス王室はエリザベス女王の夫、エディンバラ公フィリップ殿下が99歳で亡くなったことを発表しました。

フィリップ殿下は同年2月16日、体調不良で入院し心臓病の処置などを受けた後、3月に退院していました。

イギリス王室は公式サイトで殿下の訃報を次のように公表しています。

女王陛下は深い悲しみとともに、愛する夫エディンバラ公フィリップ殿下の死を発表しました。

殿下は今朝、ウィンザー城で安らかに亡くなりました。

今後、さらに発表が行われます。

王室は世界中の人々とともに、殿下の冥福を祈ります。

The Royal Family ーより引用(和訳)

フィリップ殿下は1947年に当時王女だったエリザベス女王と結婚。

エリザベス女王が1952年に父ジョージ6世の死去を受け即位して以来、配偶者として史上もっとも長い年月、女王を支えてきました。

産経ニュースによると、フィリップ殿下が単独で行った公務は2万2千件以上にのぼり、日本にもたびたび訪れていたそうです。

世界自然保護基金(WWF)総裁を長く務めるなどし、環境保護や科学・スポーツ振興などに尽力。高齢のため、2017年に公務から退いた。単独で行った公務は2万2000件以上にのぼる。

最近は慈善活動や社会奉仕運動にも注力した。優れた技能を持つ若者を表彰して支援する「英国エディンバラ公国際アワード」を創設し、世界100カ国以上に普及させた。

1975年に女王ととも初来日。89年には昭和天皇の大喪の礼にも参列していた。公務の一環でたびたび訪日し、WWFの活動のため北海道や沖縄を訪れたこともあった。

産経ニュース ーより引用

ネット上では「お元気なイメージだったので、驚きました。ご冥福をお祈りします」「女王が気を落として体調を崩されないといいけど…。どうぞ安らかに」などお悔みの言葉が寄せられています。

イギリス王室に生涯を捧げた、フィリップ殿下。その死を世界中の人が悼んでいるでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典
The Royal Family産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top