grape [グレイプ]

運転手

「運転手」に関する記事一覧ページです。

バスに乗っていると、運転手が? 粋な行動を取り「野生の山寺宏一」「録音かと思った」

おもしろBy - grape編集部

テーマパーク『東京ディズニーランド』と『東京ディズニーシー』の付近にある、ホテル『東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート』。 両園で遊んだ後、泊まったことがある人もいるのではないでしょうか。 かな(@Shiki_kani…

バスの中で泣く子供に罵声を浴びせる客 すると仏頂面の運転手が…?

ストーリーBy - grape編集部

西山ともこさんが、ウェブサイトの閲覧者やSNSのフォロワーから寄せられた実体験をもとに描いた漫画をご紹介します。 今回ご紹介するのは、バスの運転手と親子のエピソードです。 バスの中で泣いてしまった2歳の子供。すると、別の…

立ち往生に巻き込まれた『シャトレーゼ』のトラック 社長の判断に称賛の声

ストーリーBy - grape編集部

2021年1月9日から大雪により福井県で発生した、北陸道の立ち往生。一時、千台以上の車が立ち往生に巻き込まれました。 自衛隊などの作業によって、同月11日にすべて解消しています。 身動きが取れない中、ドライバーたちの間で…

立ち往生のドライバーにカツ丼の店主が無料で? その行動に称賛の声が相次ぐ

ストーリーBy - grape編集部

2021年1月9日から、強烈な寒波による大雪の影響で、福井県の北陸自動車道で立ち往生が起きています。 最大、千台以上が立ち往生に巻き込まれ、自衛隊などが救出作業を行いました。同月11日の朝の時点では、まだ100台余りが残…

「積んでいる商品を食べていい」 立ち往生しているドライバーに伝えると?

ストーリーBy - 芳雪

2020年12月16日、大雪によって新潟県内の関越自動車道で立ち往生が発生。2千台以上の車が巻き込まれました。 除雪作業は難航し、43時間以上を車内で過ごす人もいたようです。 多くの人が車内で2泊することになり、困ったの…

田村淳、マスク批判の堀江貴文に苦言 「よくいった!」「本当、そう思う」の声

エンタメBy - grape編集部

2020年10月27日放送の情報番組『グッとラック!』(TBS系)では、タクシーでのマスクの着用義務化と、それを批判する、実業家の堀江貴文さんの意見について特集しました。 同番組によると、都内のタクシー会社10社が乗車時…

姪の仕事を「しゃべくりやな」といっていた伯父 急逝後、発覚した『事実』に涙

ストーリーBy - grape編集部

2020年5~8月にかけて、ウェブメディア『grape』では、エッセイコンテスト『grape Award 2020』を開催。 『心に響く』と『心に響いた接客』という2つのテーマから作品を募集しました。 『grape Aw…

暗い顔で乗車した女性に、タクシーの運転手は…? 「泣いた」「一生忘れられない」

漫画By - grape編集部

西山ともこ(nishiyama_tomoko07)さんは、フォロワーから届いた実体験をもとに、心温まる漫画を描いています。 今回は、大学を卒業し、社会に出た女性のお話です。 その女性は卒業後、初めて務めた会社でいじめにあ…

「買い占めされると翌日…」 元トラック運転手からの言葉に反響

社会By - grape編集部

2020年3月25日、小池百合子都知事は新型コロナウイルス感染症の感染者が増加したことを踏まえて、都民へ外出の自粛を要請しました。 さらに、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県の知事らも外出自粛や、テレワーク、時差通勤などを…

「バスのボタンを押したい」と駄々をこねる子ども すると、車内アナウンスが聴こえてきて…?

ストーリーBy - grape編集部

大人には見慣れたものでも、子どもにとってはオモチャのように感じるものはたくさんあります。 例えば、バスの降車ボタン。「次のバス停で降ります」と運転手に伝えるためのボタンですが、子どものころは早く押したくてソワソワしていた…

鹿児島空港にいた、タクシーの運転手がぽつり 「名言」「これはグッとくる」

ライフスタイルBy - grape編集部

鹿児島県にある種子島といえば、ロケットの打ち上げが有名です。種子島宇宙センターからは、たびたびロケットが発射されています。 Twitterに投稿された、種子島のロケット開発にまつわるエピソードが、多くの人々の心をときめか…

「終点で寝てる人を起こす時が幸せだった」 続けて言った、元・運転士の言葉に感動

ライフスタイルBy - grape編集部

電車の終着駅で、眠っている乗客を起こす鉄道員を見かけたことがある人は多いはず。 関係ない第三者からしてみると、鉄道員に対して「大変そうだな」「お疲れ様です」なんて思ってしまいますが、鉄道員からすると違う思いを抱くようです…

page
top