grape [グレイプ]

grape Award 2017

grapeは2017年にエッセイコンテスト『grape Award』を開催。応募総数246本の中から選ばれた優秀作品をご紹介します。

「おかーは俺を殴らなかったの?」DVを受けた母へ質問 その答えに息子は涙が止まらなくなった【grape Award 2017】

エンタメBy - grape編集部

母がくれたプレゼントは、僕にとって”心の救急箱”となった 「しょうご(僕の名前)は中学生の頃、『おれの視界から消えろ』、『おめーなんて死んでしまえ』、『なんでおめーが親なんじゃ』って言ってたんだよー。」と笑いながら、母は…

高校生の夏、祖母が私にと持ってきた指輪 それを見た時、幼い日の記憶が蘇る【grape Award 2017】

エンタメBy - grape編集部

おばあちゃんの指輪 あれは、私が幼稚園児だった頃だろうか。もう何年前なのかも思い出せないくらい昔の、夏休みの出来事だった。私は、両親のお盆休みに合わせて母の実家に遊びに来ていた。そして、皆が寝静まった頃、喉が渇いて目を覚…

毎日同じ時間に現れ、何も買わず帰っていくカップル 驚きの目的とは【grape Award 2017 入賞作品】

ストーリーBy - grape編集部

『心に響くものは……』 他店舗と、同僚と、過去の自分と。 煌びやかに見えるアパレル販売の裏側は、数字と競争に支配されている。 憧れていた筈のその世界に、私はいつのまにか絶望し、毎日辞める事だけを考えていた。 「いらっしゃ…

一時退院中に姉が書いた書き初め わたしは、わたしの姉の人生を、誇りに思う【grape Award 2017】

エンタメBy - grape編集部

人生のタスク 6月18日は姉の命日にあたる。 姉は幼い頃より家族を思う心が強い反面、自分の利益は据え置くようなところがあり、それを象徴するようなできごとは、例えば七夕の短冊。 新しいゲームが欲しいやら、お金持ちになりたい…

急逝した恩師に代わり頼まれた仕事 新しい先生を拒む女の子に伝えた「実は僕も…」【grape Award 2017】

エンタメBy - grape編集部

S先生の教室 昔からイベントや歩行者天国で大道芸を見るのが好きだった私は、大学一年の夏にカルチャースクールでジャグリングを習い始め、S先生と出会った。 その世界では有名なパフォーマーで、数々のイベントで活躍するだけでなく…

電車内で大声で話す女子高生 周囲が迷惑に思う中、お婆さんが深々とお辞儀をした理由【grape Award 2017】

エンタメBy - grape編集部

『陽光に包まれた車両』 電車の中で、三人の女子高生が大きな声で話をしていた。車両中に笑い声を響かせて…まるでその場に自分達しかいないかのような振る舞いだった。 「うるさい」小さな声でそうつぶやき、ため息まじりに辺りを見渡…

大好きなひいおじちゃんが、いない ひ孫の口から出た言葉 母は泣いた【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『ちょっこし』 2017年8月。祖父の初盆を迎え、私は実家に帰省した。お供は2歳になる娘、ちい。最近おしゃべりが上手になって、自分の気持ちも上手に伝えられるようになってきている。 「じっじ、どっかなぁ!ちいち来たよー!」…

試着もせず、買わない… カップルが毎日やって来る理由が胸を打つ【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『心に響くものは……』 他店舗と、同僚と、過去の自分と。 煌びやかに見えるアパレル販売の裏側は、数字と競争に支配されている。 憧れていた筈のその世界に、私はいつのまにか絶望し、毎日辞める事だけを考えていた。 「いらっしゃ…

定食屋に現れた、疲れた顔のサラリーマン 彼がカレーうどんを頼んだワケは【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『カレーうどんを、お願いします』 日中忙しく、いつも最寄り駅に帰りつくのは、22時くらい。そんな時間でもあいているお店は少なく、わたしはいつも同じ定食屋さんに通っている。 吉祥寺駅から歩いて3分ほどの、カウンターが6席と…

甲子園出場が決まったが… 残酷すぎる、正捕手の選抜テスト【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『あの日、ひときわ高い夏空の下で』 その友は、高校野球の名門校に迷わず進学した。甲子園出場の常連校であり、野球小僧であれば誰もが憧れる高校である。 友にとって3年生最後の夏も、出場を射止めた。そしてその夏は、友だけでなく…

阪急電車で、おっちゃん「あいてるかのぉ」 話しかけられたカップルは?【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『京都まで』 京都へ向かう阪急電車だった 通路を挟んだ隣は四人がけのボックス席で そこに少しやんちゃな風体のおにいちゃんと せいいっぱい化粧をしたおねえちゃんがいた 土曜日の昼さがり 午後の日ざしが柔らかな秋のことだった…

愛犬が旅立った 見送るため、散歩道の写真を撮ったら…【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『2017年の春のこと』 今年の春、16年間を共に過ごした愛犬がこの世を去った。ラブラドール・レトリバーの雌犬で、とても人懐こく、かつ賢い犬だった。 大型犬で16歳というと、随分と長生きの部類になるが、ごはんの時間には子…

「パパは1人で生きていけないから」 母を追うように亡くなった父、夫婦の絆【grape Award 2017 入賞作品】

エンタメBy - grape編集部

『夫婦』 7年前に亡くなった両親。 長年がんで闘病した後に自宅で看取った母。 そんな母の四十九日の準備をしている時に、突然倒れて6時間後に亡くなった父。 父と準備した母の四十九日を延期して、夫婦で納骨、四十九日を行ったの…

『心に響く』言葉をください あなたの思いを届けたい【grape Award 2017】

ニュースBy - grape編集部

ウェブメディア『grape』では、メディアコンセプトである『心に響く』をテーマにエッセイを募集します。 身近で起きた感動のエピソードや、心が癒されるようなワンシーンなど、見た人が強く共感するような作品をお送りください。 …

page
top