虐待を受けた犬が悲痛な叫び 初めての「愛情」に恐怖を感じる

出典:YouTube

2015年11月11日、ルーマニアのブレアスタ-クラヨバにある保護施設。

ここに、生まれた時から一切の愛情を受けることなく、虐待されていた小型犬が保護されていました。後にプリシラと名付けらた彼女は、「愛情」を受けたときにどうすればよいのか、まだ知りませんでした。

18319_01

出典:YouTube

彼女にそっと近寄り撫でる女性。しかし、人間の手が触れることは虐待の恐怖を呼び覚まします。彼女は「この後に何をされるのか」という恐怖で悲痛な叫びを上げます。

恐怖でガチガチになり、金切り声を上げる姿が、人間からのひどい仕打ちを物語っていました。

でも、彼女の心は徐々に落ち着きを取り戻し…

※音量に注意して動画をご覧ください。

子供の頃から虐待を受けると、人間に飼われることを受け入れづらくなるといいます。そのような子は、保護施設から、もらわれることもなく、悲しい最後をむかえることも多いかもしれません。

18319_02

出典:YouTube

プリシラが嬉しそうに走り回り、尻尾を振る姿に安心するとともに、これ以上、人間の愚かな行為で、彼女のような子が生まれないことを願わずにはいられません。

出典
An abused dog is stroked for the first time

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop