立っているのに座っている?ナゾナゾのような椅子が医療現場に登場!

出典:YouTube

何時間も立ったまま集中力を保ち、患者の命を救うために手術を行う医療現場。時には中腰のような辛い姿勢で手術を行うこともあり、足や腰には相当な負担がかかるのだとか。

疲れたからと、すぐに座ることのできないオペ室。そんな特殊な環境に適した、一風変わった椅子が誕生しました!

立ちながら座っている?

医療現場のニーズから誕生した「archelis(アルケリス)」は、ウェアラブルチェア(身に付ける椅子)という特殊な椅子です。

19003_01

出典:YouTube

中腰になりながらも座っているのと同じように体重を支え、筋肉疲労を低減。どこでも安定した姿勢を保つことができます。

足に椅子がついている状態なので、装着したまま歩くこともでき、椅子に座るよりもスムーズに移動することが可能です。

19003_03

出典:YouTube

見る限りでは、中腰がとても疲れそうな印象なのですが、アルケリスは人間工学に基づき作業する人の負担を軽くし、安全性を高める設計になっています。

千葉大学フロンティア医工学センターの准教授・川平洋博士は、次のようにコメントしています。

鉗子(かんし)の先端数ミリでの動作が求められる腹腔鏡手術では「体幹の安定」が手術の安定性に大きく影響を及ぼします。
長時間の中腰姿勢でも筋肉に負担を与えずに「歩く・座る」を繰り返す事が可能なarchelisによって、術中の安定動作の向上が実現できると考えます。

archelis ーより引用

さらには医療従事者が抱える、特殊な環境下でのサポートにもなると、今後の可能性を感じているそうです。

技術がぎっしり

アルケリスは、医療用ということを考え「軽量」でありながら「強靭」であることを求められました。

19003_02

出典:YouTube

相反する要素を両立するために、「金属とカーボン」を使用し、町工場で長年培ってきた技術を盛り込むなど、多くの工夫が施されています。

そして、確実な動作をするために、電力を必要としないノンエネルギー設計。接続するコードなどもないため、狭い場所でも安定して使うことができるのです。

19003_05

出典:YouTube

より困難な手術ほど、時間を要し集中力も必要となるため、少しでも医者の負担を無くせることは、医者と患者双方にとってメリットになりそうです。

今後、技術がさらに進化することで、医療の枠を超え幅広い分野で活躍することができるかもしれませんね。

出典
archelisWearable Chair"archelis" / ウェアラブルチェア「アルケリス」

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop