子供を産まなかった『小泉今日子』 彼女を母親にした、ある女の子との絆とは

出典:(C)ORICON

2016年2月に50歳の誕生日を迎えた小泉今日子さん。その変わらない美しさや、チャーミングな笑顔は、永遠のアイドルと言っても過言ではありません。

そんな彼女ですが、2004年に俳優の永瀬正敏さんとの離婚を経験。二人は離婚後も同じドラマで共演するなど関係は良好なものの、お子さんはいませんでした。

子どもへの思い

小泉さんは読売新聞で本の書評をしており、その中で子どもを持つことへの思いを語っています。

「四十歳を過ぎた私の人生の中で、やり残したことがあるとしたら 自分の子供を持つことだ。時間に限りのあることだから、ある年齢を 過ぎた女性なら一度は真剣に考えたことがあると思う。家族の再生を描いた 心優しいこの物語を読んで、私はそんな思いから少しだけ解放された」

小泉今日子書評集 ーより引用

小泉さんも、子どもを持ちたいと思ったことがあるのかもしれませんね。

お母さん、ありがとう

子どもがいないはずの小泉さんですが、なんと母の日に「お母さん、ありがとう」というメッセージが添えられたケーキが届いたのだとか。

この間母の日だったじゃないですか。そしたら、プレゼントが届きました。

お母さんありがとうっていうケーキを買ってきてくれました。

小泉さんを「ママ」と呼び、母親にしたともいえる人物。それはこの方。

大人気ドラマ「あまちゃん」で小泉さんと共演した能年玲奈さん。あまちゃんの中でも親子として描かれた二人。そんな関係がプライベートでも続いているのだそうです。

能年さんの誕生日には、能年さんが欲しがったミシンを一緒に買いにいったり、その姿は本当の親子のようです。

子どもがいなくても

小泉さんも「ママ、ママ」と慕ってくれる能年さんが可愛くて仕方ないようです。能年さんを見つめるその表情はとても柔らかく、母親そのもの。

例え血がつながっていなくても、親子になれる。そう思わせてくれる二人の絆に、とても心が温まりました。

最後に、小泉さんの人生感がにじみ出た、素敵な言葉をご紹介します。こんな考え方が、二人の絆を作ったのかもしれないと感じました。じっくり読んでみてください。

子供がいようがいまいが、 大切な人に惜しみない愛情を注げる人になりたいと思った。 形のあるものじゃなく、 誰かの心の中に、 ほんのりと温かい小さな光のような思い出をいくつか残すことが出来たら、 自分の生きた人生にようやく意味を感じられるような気がした。

小泉今日子書評集 ーより引用
出典
小泉今日子書評集(C)ORICON NewS inc.

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop